正しい洗顔方法 | Quality Of Life

正しい洗顔方法

スポンサーリンク

みなさんは普段どのような方法で洗顔をしていますか?

顔をゴシゴシとこするように洗ったり、洗顔石鹸をしっかり洗い流さなかったりしていませんか?

洗顔の方法を間違うと肌荒れやニキビの原因にもなりますし、顔のしわやクマ、肌のたるみなどまでに影響が及んでしまうこともあります。

これまで肌に優しくない洗顔方法をしてきた人は、この機会にぜひ正しい洗顔方法を覚えてくださいね。

スポンサーリンク

正しい洗顔方法で見違えるような肌に

正しい洗顔方法で洗顔をするだけで、肌は見違えるようにキレイになりますよ。それでは正しい洗顔方法について見ていきましょう。

洗顔をする前に、まず気を付けなければいけないのは、洗顔をする手をキレイにしておくことです。

みなさんはキレイな手で洗顔しているでしょうか?キレイにしているとは思いますが、私たちの手には見えない汚れがついているのです。

見えない汚れのついた手で洗顔をしてしまうと、顔にも汚れがついてしまいます。その汚れが原因でニキビができてしまうことは少なくありません。

洗顔をする前には必ず手をキレイに石鹸で洗っておきましょう。

洗顔石鹸をしっかり泡立てる

次に正しい洗顔方法として忘れてはいけないことは、洗顔石鹸をしっかり泡立てて洗顔することです。

洗顔石鹸をキメの細かい状態になるまで泡立てるのはとても面倒なことですが、キメ細かい泡で肌を洗ってあげると肌のキメも整えられます。

泡で洗うことで毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすことができますので、洗顔石鹸はよく泡立ててから使うことを心掛けましょう。

洗顔石鹸を泡立てるときは、泡立てネットが必需品です。ネットを使うだけで驚くほど良い泡立ちになりますよ。

また、どうしても泡立てるのが面倒、という場合には、ポンプ式の洗顔石鹸がおすすめです。ポンプを押すと泡のままで出てくるので、泡立てる手間が省けます。

そして、洗顔で最も気を付けなければいけないのは、洗顔石鹸をキレイに洗い流すことです。

洗顔石鹸が皮膚に付着したまま残っていると、肌荒れやニキビ、吹き出物などの原因になります。

特に髪の生え際、フェイスラインなどにニキビができやすい人は、洗顔石鹸の洗い残しが原因である場合がほとんどです。

洗顔のときには洗顔石鹸の洗い残しがないように、顔の隅から隅までしっかり洗い流しましょう。

このように、正しい洗顔方法は「手を清潔にする・洗顔石鹸をしっかり泡立てる・洗顔石鹸をキレイに洗い流す」ことがポイントとなります。

【洗顔の大切さ】では、この正しい洗顔方法をすることについて、もっと詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします