洗顔の大切さ | Quality Of Life

洗顔の大切さ

スポンサーリンク

【正しい洗顔の方法】では、洗顔をするときのポイントを紹介してきましたが、ここでは正しい洗顔方法で洗顔をすることの大切さについて見ていきたいと思います。

洗顔は顔の汚れ、メイク、余分な皮脂などを落とすことに必要なものです。メイクの油分や余分な皮脂が顔に残っていると、肌荒れやニキビの原因になります。

特にメイクは洗顔石鹸で洗う前に、クレンジングでしっかり落とすことも大切ですから、クレンジングも洗顔と同じように注意を心掛けてください。

スポンサーリンク

どのように洗顔すればいいの?

そんな洗顔を、皆さんは主に朝と夜に行うと思いますが、それぞれどのように洗顔しているのでしょうか?

たとえば朝の洗顔でも洗顔石鹸を使う人、朝は洗顔石鹸を使わずに水やお湯だけで洗う人などの違いがわかりやすい例かと思います。

夜はクレンジングをしてから洗顔石鹸で洗う人がほとんどでしょう。どちらの洗顔も肌の清潔さを保つために大切なことですが、実は朝の洗顔と夜の洗顔の大切さは、それぞれ違っているのです。

まず夜の洗顔は、1日で溜まった顔の汚れを落とすために大切な洗顔です。

クレンジングと洗顔石鹸を使ってメイクや余分な皮脂を毛穴の奥まですっきりと落としてください。

汚れをしっかり落とすことで、肌に必要な皮脂量を正常な状態に保つことができ、ニキビや吹き出物を出来にくくします。

洗顔をした後は化粧水や乳液、クリームなどで肌に潤いや油分を与えて整えましょう。

このように夜の洗顔は1日の汚れを落として、次の日のために肌を正常緒な状態にしておくために必要な洗顔です。

次に朝の洗顔ですが、上記の通り朝の洗顔は洗顔石鹸を使う人と使わない人、みなさんそれぞれで違うと思います。

朝の洗顔ではどちらが正しい洗顔方法なのかと言いますと、それは肌質などによって変わってくるものなのです。

たとえば。肌がベタつくという脂性肌の人は、小鼻やTゾーンなどのテカリを抑えるために、朝の洗顔も洗顔石鹸を使うことをおすすめします。

寝ている間に分泌された余分な皮脂が肌に残っていると化粧ノリも悪くなってしまいますから、余分な皮脂を抑えるために小鼻やTゾーンを中心に洗顔石鹸を使って洗顔してみてください。

また脂性肌の人とは逆に、乾燥肌の人には洗顔石鹸を使わない水洗顔をおすすめします。

乾燥肌の人は、皮脂を落としすぎてしまうことがニキビや肌荒れの原因になってしまいますし、肌が乾燥していると化粧ノリも悪くなります。

なので朝の洗顔では洗顔石鹸は使わずに、顔がさっぱりしたと思う程度に水やぬるま湯だけで洗顔することをおすすめします。

このように洗顔の大切さは、朝と夜で違っていることがわかっていただけたかと思います。

特に朝の洗顔では、自分の肌質に合わせた洗顔方法で洗顔することを心掛けてくださいね。

ストレスがたまるのが一番よくないので、ライター募集の仕事をしたり、何かしら気持ちを吐き出す方法が必須になってきます。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします