洗顔石鹸の選び方 | Quality Of Life

洗顔石鹸の選び方

スポンサーリンク

普通肌、脂性肌、乾燥肌、混合肌・・・肌質にはいろいろな種類がありますが、みなさんはどの肌質に当てはまるでしょうか?

ここでは、それぞれの肌質に合った洗顔石鹸の選び方を紹介していきます。洗顔石鹸は肌質に合ったものを選んで使うことが、肌にとっては何より大切なことです。

自分の肌質に合った洗顔石鹸の使って、いつも肌をキレイな状態に保ちましょう。

スポンサーリンク

肌質別の洗顔石鹸の選び方

それでは、肌質別に洗顔石鹸の選び方を見ていきます。まず「普通肌」の人は、どんな洗顔石鹸でも肌への影響は非常に少ないので、洗顔石鹸の選び方にこれといった注意点はありません。

毎日キレイに洗顔して汚れを落とし、洗顔石鹸をよく洗い流すことができていればどんな洗顔石鹸を使っていても大丈夫です。

しかし、次から紹介する肌質の人たちは、しっかりと洗顔石鹸を選ぶ必要があります。

ここからはいわゆる「敏感肌」と言われるデリケートな肌質に合う洗顔石鹸の選び方です。敏感肌の人はとても多く、それぞれの肌質に見合った洗顔石鹸が販売されています。

「脂性肌」の人は皮脂の分泌量が過剰になっている肌なので、皮脂量を抑えて余分な皮脂によってできるニキビや吹き出物を防ぐ効果のある洗顔石鹸をおすすめします。

皮脂の量を正常な状態にしてくれるので、ニキビや吹き出物を防ぐことができるのです。

「乾燥肌」の人は肌の皮脂量や水分量が充分でない状態の肌なので、肌に水分や油分をしっかり補給する必要があります。

水分や油分は化粧水や乳液で補給できますが、洗顔石鹸もできるだけ肌の潤いを逃がさないものを選ぶと良いでしょう。

「混合肌」の人は、肌の水分量や皮脂量のバランスがとれていないため、ベタつく部分や乾燥する部分が肌に混在していることが特徴です。

混合肌という肌質は様々な肌質の中でも特にデリケートな肌ですので、洗顔石鹸もなるべく敏感肌用のものを使うことをおすすめします。

また、洗顔後は必ず水分量や皮脂量のバランスを整える効果のある化粧水や乳液で肌を整えましょう。

このように、洗顔石鹸はそれぞれの肌質によって選び方は違っていることがわかっていただけたかと思います。

自分の肌質に合った洗顔石鹸を選ぶことが、キレイな肌を保つ秘訣です。そして洗顔石鹸は必ずしっかり洗い流すことを忘れずに、洗顔してくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします