洗顔前の泡の準備 | Quality Of Life

洗顔前の泡の準備

スポンサーリンク

みなさんは洗顔をするとき、いつもどのくらい洗顔石鹸を泡立てていますか?

中には洗顔石鹸をまったく泡立てずに洗顔してしまっている人もいるかもしれませんね。

【正しい洗顔方法】で紹介している通り、正しい洗顔はたっぷりと泡立てた洗顔石鹸で洗うことがポイントとなります。

なのでここでは、洗顔に必要な泡の準備について見ていきたいと思います。

たっぷりの泡を作る方法を中心に紹介していきますので、これまでの自分の泡立て方と照らし合わせながら、洗顔石鹸の正しい泡立て方を覚えていきましょう。

スポンサーリンク

泡の作り方

それでは早速、泡の作り方を紹介していきます。まず、洗顔石鹸を用意してください。

固形タイプの洗顔石鹸、ペーストタイプの洗顔石鹸、ジェルタイプの洗顔石鹸など様々あるかと思います。

これらのタイプの洗顔石鹸の場合には、手で泡立てることもできますが、よりたっぷりの泡をつくるために「泡立てネット」がおすすめです。

泡立てネットの使い方は、泡立てネットに適量の洗顔石鹸を付け、水を少し加えてネットをこするように洗顔石鹸を泡立てていきます。

これだけでたっぷりの泡を作ることができるので、手だけで泡立てるよりも大幅に時間を短縮できますし、とても簡単に洗顔石鹸を泡立てることができます。

みなさんの中にも「洗顔石鹸を泡立てるのが面倒」という人が多くいらっしゃるかと思いますが、面倒に感じる理由には洗顔石鹸を手で泡立てるまでの時間がとてもかかる、ということが主な要因となっています。

ですが、泡立てネットなら泡立つまでまったく時間がかかりませんし、何より手で泡立てるよりもキメの細かい泡がたくさん作れるというメリットがあります。

これまで洗顔石鹸を泡立てることを面倒と思っていた人は、ぜひ泡立てネットを使ってみてください。

手で泡立てていた人も一度泡立てネットを使うと、泡ができる量と泡のキメ細かさに驚かれると思います。

しかし、それでも洗顔石鹸を泡立てるのが面倒、という場合には、洗顔石鹸のタイプを変えてみましょう。

どうしても面倒なときには、容器がポンプ式になっていて、洗顔石鹸がそのまま泡として出てくるタイプの洗顔石鹸をおすすめします。

みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?ポンプを押すだけで洗顔石鹸が泡になって出てくるので、わざわざ洗顔石鹸を泡立てる必要がないことが特徴です。

このポンプ式の容器は思春期ニキビ専用の洗顔石鹸などに多く使われています。

ニキビのある肌でも優しく洗える泡がそのまま出てくるので、洗顔石鹸の泡立ちが十分でないこともありませんし、汚れや皮脂がしっかり落ちないということもありません。

思春期ニキビの主な原因となる肌の汚れや余分な皮脂をキレイに落とすには、泡の力が重要なので思春期ニキビには最適ということです。

このように洗顔石鹸を泡立てるときには、様々な方法があります。自分のやりやすい方法でしっかりと洗顔石鹸を泡立てて、キレイに洗顔しましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします