洗顔石鹸の成分 | Quality Of Life

洗顔石鹸の成分

スポンサーリンク

みなさんは洗顔石鹸にどんな成分が含まれているかご存じですか?

洗顔石鹸には洗浄やニキビや肌荒れを防ぐことなど、様々な効果がありますが、それはどんな成分によって生まれる効果なのでしょうか。

ここでは洗顔石鹸に含まれている成分について、詳しく紹介していきたいと思います。

顔の皮膚は体の皮膚よりも敏感であることがほとんどです。特に敏感肌の人の顔の皮膚は、ちょっとした刺激で荒れてしまうこともあります。

また体調の変化や気候の変化なども肌に影響しますので、洗顔石鹸を使うときには敏感な肌をいたわる成分が含まれているかどうか、よく確認する必要があります。

肌に良い成分の例としては、天然成分が含まれている洗顔石鹸がおすすめです。

最近では天然の植物からとれる保湿成分を主成分としている洗顔石鹸もたくさん販売されています。

はちみつやアロエ、緑茶やシアバターなどの天然保湿成分を主成分としている洗顔石鹸は、自然からとれる成分で作られているため、敏感肌の人にはもちろん敏感肌の人以外でも安全に使うことができます。

ですが、もし肌に合わない場合にはすぐに使用をやめましょう。

自然からとれる成分は安全ですが、人によっては肌に合わない場合がありますので、それぞれで注意が必要となります。

スポンサーリンク

「無添加」の洗顔石鹸

この他にも、敏感肌の人には最近よく聞かれるようになった「無添加」の洗顔石鹸もおすすめできますが、「無添加の洗顔石鹸なら何でも良い」ということでは決してありません。

様々な成分が添加されている洗顔石鹸でも、肌に必要な成分が添加されていれば、肌には良い効果が生まれます。

「無添加」と聞くと、肌に良くない成分が添加されていないという印象を受けるので、一見肌に良さそうに思えますが、

無添加の洗顔石鹸の場合でも人によっては吹き出物やかぶれなどを起こしてしまうこともあるので、決して「無添加」という言葉だけに注目しないようにしてください。

商品のパッケージなどに記載されている「無添加」という広告よりも、その洗顔石鹸に含まれている成分がわかる「成分表示」をよく確認するようしましょう。

成分表示はほとんどの商品パッケージの裏や外箱に記載されていますが、インターネットの商品サイトなどでも確認することができます。

今みなさんが使用している洗顔石鹸の成分も、一度よく確認してみましょう。

また、無添加の洗顔石鹸については【無添加の洗顔石鹸とは】で詳しく紹介しています。

「無添加」という言葉の意味や、無添加洗顔石鹸と無添加ではない洗顔石鹸の違いなどを記載していますので、こちらも併せてご覧になっていただけると、洗顔石鹸の成分についてもっとよくお分かりいただけるかと思います。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします