ニキビ対策の洗顔石鹸とは | Quality Of Life

ニキビ対策の洗顔石鹸とは

スポンサーリンク

肌の悩みのひとつとして、ニキビが多く挙げられます。

ニキビには、中学生くらいの思春期の年代によくできるようになる「思春期ニキビ」、ホルモンバランスの関係やストレスなどの影響でできてしまう「大人ニキビ」があります。

このふたつのニキビは、それぞれニキビができる原因が違うため、たとえ同じ「ニキビ」という症状でも、使用する洗顔石鹸はそれぞれのニキビ対策に合ったものを選ばなければなりません。

ここでは思春期ニキビと大人ニキビ、それぞれのニキビ対策に合った洗顔石鹸を紹介していきます。

まずは思春期ニキビですが、思春期ニキビは主に皮脂の過剰分泌が原因となってできるニキビです。

また月経が始まるなど非常に不安定な時期のため、そういった影響もニキビとして現れることもあります。

この思春期ニキビの予防は、余分な皮脂を抑えることが第一です。余分な皮脂を抑えて皮脂の量を正常な状態にすることで、思春期ニキビは防ぐことができます。

ですので、思春期ニキビには洗浄力が強く、皮脂の過剰分泌を抑える効果のあるニキビ対策の洗顔石鹸を使うことをおすすめします。

洗顔石鹸で洗顔をした後は、ニキビ対策の化粧水や乳液などで肌の状態より効果的です。

スポンサーリンク

大人ニキビの対策には専用の洗顔石鹸を使う

しかし、大人ニキビの対策に思春期ニキビ対策の洗顔石鹸を使ってしまうと逆効果になってしまうことがほとんどです。

思春期ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌ですが、大人ニキビの原因は非常に様々あるからです。

たとえば、乾燥が原因となっている大人ニキビに皮脂の分泌を抑える洗顔石鹸を使ってしまうとどうなってしまうでしょうか?

皮脂の量が正常な状態よりも減少してしまい、さらに肌の乾燥がひどくなってしまいますね。

ですので大人ニキビには思春期ニキビ対策のものではなく、大人ニキビ対策専用の洗顔石鹸を使いましょう。

大人ニキビができるときは肌がデリケートな状態になっているので、洗浄力のあまり強くない洗い上がりがマイルドなタイプの洗顔石鹸を使うことをおすすめします。

また、洗顔石鹸を使う前にはクレンジングでしっかりとメイクを落とすことも大人ニキビを予防する方法のひとつです。

そしてとにかくよくすすぐことが大切ですよ。

髪の生え際などにできる大人ニキビは、クレンジングで落としきれなかったメイクや洗顔石鹸の洗い残しが原因ですので、洗った後はしっかりとすすぎましょう。

洗顔石鹸の洗い残しがないようにすすいだ後は、肌が乾燥しないように保湿をします。

上記に挙げたように大人ニキビは乾燥が原因となってできることが多いので、化粧水や乳液、特に乾燥肌という人はクリームなども使ってしっかりと保湿をしましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします