手作り洗顔石鹸とは | Quality Of Life

手作り洗顔石鹸とは

スポンサーリンク

近年「手作り洗顔石鹸」が人気となっていますね。

手作り洗顔石鹸の素材は、オレンジ、桃、柚子などの果物、ローズヒップ、レモングラスなどのハーブ、シアバター、はちみつ、緑茶、豆乳といったように、

食材や天然のものを使っているので、特に敏感肌の人にはとても安心で安全な石鹸として使われています。

ここでは、手作りされた石鹸を購入する他、自分の手で作れるということも人気の手作り洗顔石鹸ついて紹介していきたいと思います。

現在、手作り洗顔石鹸はいろいろなお店で販売されています。

インターネットでも通信販売で購入できるお店もあるので、みなさんも一度はご覧になったことがあるかもしれませんね。

しかし実際に手作り洗顔石鹸を手にとってみると、また印象が変わるものです。

手作り洗顔石鹸は、なめらかさや色合い、かたちなどどれも同じ石鹸ですが、実際に触れたときの感じ方はそれぞれ変わってきます。

手作り洗顔石鹸を自分で作った場合も、また感じ方が違ってくるということも、手作り洗顔石鹸の特徴ですね。

石鹸を作るときの材料は、苛性ソーダ、水、オリーブオイルなどがメインになります。苛性ソーダは薬局で購入することができますが、注意して使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

手作り洗顔石鹸のおもしろいところ

また石鹸はそれぞれ手作りですので、作り方もそれぞれで異なります。

どんな香りの洗顔石鹸にするのか、どんなかたちの洗顔石鹸にするのかなどなど・・・。

かたちを作るときには、牛乳パックや豆腐が入っていた容れ物などがおすすめです。

特に牛乳パックは石鹸が固まったあともカットしやすいので、手作り石鹸初心者には一番作りやすい方法かと思います。

石鹸の香り付けは、エッセンシャルオイルやフレグランスオイルを使います。

自分で石鹸を作れ、いろいろな楽しみ方ができるのも、手作り洗顔石鹸のおもしろいところですね。

しかし、自分で石鹸を作るのは少し不安・・・という場合でも、

手作り洗顔石鹸はたくさん販売されていますので、販売されている中で自分のお気に入りを探して使ってみるのもとても楽しいですよ。

手作り洗顔石鹸は色合いやかたちも素敵ですが、天然成分による保湿効果が高く、皮脂を落としすぎないというメリットもあるので、

敏感肌の人の洗顔にとっては実に最適な洗顔石鹸でもあります。

アトピーなどのアレルギーがある場合でも、肌のデリケートなお子さんにもおすすめです。

今まで使ってきていた洗顔石鹸が「どれも自分の肌に合わなかった」という人は、ぜひ一度手作り洗顔石鹸を使ってみてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします