洗顔は一日に何回したらいいの? | Quality Of Life

洗顔は一日に何回したらいいの?

スポンサーリンク

洗顔は一日にする回数が多ければ多いほど良いと思われがちですが、それはまったくの間違いです。

一日に何回も洗顔をしてしまうと、水分量も皮脂量もどんどん減少してしまいますので、肌を正常な状態に保つことができません。

洗顔は思っている以上に水分も皮脂も奪ってしまうので、一日に何度も洗う必要はないのです。なので、通常の洗顔は朝と夜の2回だけでOKです。

ただし、スポーツなどをして汗をたくさんかいた後などは皮脂が分泌しすぎてしまっているので、そういう場合はしっかり洗顔をして肌をキレイにしておきましょう。

洗顔をするタイミングは、汗をかいた後のように、余分な皮脂が過剰に分泌したことによって肌がベタついてしまっているときだけで十分なのです。

ですが、どうしてもベタつき気になるからといって何度も何度も洗顔することは肌へ良い影響を与えませんので、絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

朝の洗顔と夜の洗顔は少し違う

また朝の洗顔と夜の洗顔では、洗顔の方法が少し違うということもよく覚えておいてください。

夜の洗顔はメイクを落とすクレンジングと洗顔石鹸でしっかりと洗顔して、1日の汚れを落とさなければなりませんが、

朝の洗顔では絶対に洗顔石鹸を使って洗顔しなければならない、ということはありません。

むしろ乾燥肌の人などは、朝の洗顔は水やぬるま湯だけの洗顔の方が良いとされています。

先ほど洗顔は水分や皮脂を奪ってしまうと記載しましたが、乾燥肌の人が朝から洗顔石鹸を使って洗顔をしてしまうと、

水分量や皮脂量が減少しすぎてしまうので、ますます乾燥がひどくなってしまうのです。

乾燥がひどいと化粧ノリが悪くなってしまいますから、乾燥肌の人の朝の洗顔は、洗顔石鹸は使わずに水やぬるま湯だけの洗顔をおすすめします。

しかし乾燥肌とは真逆の脂性肌の人は、朝も洗顔石鹸を使った方が良い場合もあります。

朝、あまりに肌がベタついているというときには、ベタつきが気になる部分を中心に洗顔石鹸を使って洗顔してみてください。

朝と夜の洗顔方法については【洗顔の大切さ】でもっと詳しく記載していますので、併せて参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします