朝洗顔と夜洗顔どちらがいい? | Quality Of Life

朝洗顔と夜洗顔どちらがいい?

スポンサーリンク

朝の洗顔と夜の洗顔とでは、洗顔の役割がそれぞれ違います。なので、どちらかが良いということはありません。

では、朝の洗顔と夜の洗顔とではどのように役割が違っているのかを少し説明していきますね。

まず洗顔として最も重要なのが、夜の洗顔です。

1日中メイクをして過ごした肌は、夜になったらどのような状態になっているでしょうか。

メイクの油分が毛穴に詰まって、肌は呼吸しづらい状態になっていますよね。

夜の洗顔は、そのメイクの油分や余分な皮脂などによって毛穴に溜まった汚れをしっかり落とす役割をしているのです。

なので夜の洗顔は特に念入りにする必要があります。洗顔石鹸をしっかりと泡立てて、毛穴の汚れを隅々まで落としましょう。

泡立てネットを使って洗顔石鹸を泡立てるとたっぷりの泡を素早く作ることができるので、ぜひ泡立てネットを使って泡立てることをおすすめします。

スポンサーリンク

洗顔の前には蒸しタオルを使うことがおすすめ

また、洗顔の前には蒸しタオルを使うこともおすすめです。

蒸しタオルを顔に乗せ毛穴の開きを良くしておくことで、毛穴の奥まで溜まったメイク汚れなどが落としやすくなります。

夜の洗顔では、毛穴の奥に溜まった汚れをしっかり落とすことを心掛けましょう。

そして朝の洗顔は、夜寝ている間に分泌した皮脂を落とし、肌の状態をさっぱりとさせる役割をしています。

皮脂を軽く落とすことができれば良いので、朝の洗顔では洗顔石鹸を使わなければならないということはありません。

特に皮脂の分泌が気になるという場合や、脂性肌の人でベタつきが気になるという場合は、ベタつきが気になる部分を中心に洗顔石鹸を使って洗顔することをおすすめします。

しかし朝の洗顔で洗顔石鹸を使うことは、乾燥肌の人などにはあまりおすすめできません。

洗顔石鹸で皮脂を落としすぎてしまうと乾燥がひどくなる原因にもなりますので、乾燥しがちなときは水やぬるま湯だけの洗顔でOKです。

朝の肌は、化粧ノリが良くなるくらいの皮脂の状態にしておくことが理想ですから、肌が乾燥しない程度に洗顔しましょう。

このように、朝の洗顔にも夜の洗顔にもどちらも役割がありますので、両方の洗顔方法を上手く使って肌の健康を保つようにしてくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします