喫煙者のホワイトニング | Quality Of Life

喫煙者のホワイトニング

スポンサーリンク

歯は加齢とともに黄色く変色してきます。

食べものによっても黄色く変色していきます。

コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなど、日本人の好きなものは全て歯を変色させる原因となっています。

またタバコを吸う習慣のある喫煙者も、歯の表面のエナメル質から色素沈着が起こります。

どんなに歯磨きをしても、色素沈着を防ぐことは難しいのです。 赤ワイン、コーヒー、紅茶などタバコに比べたら歯を黄色くする割合は小さなものです。

タバコは歯の黄ばみを強くします。 タバコはヤニがあります。 ヤニは歯にこびり付きやすいのです。

歯に頑固な黄ばみや汚れが染み付いてしまいます。 タバコは百害あって一利なしです。

体にも害を及ぼしますが、歯にもダメージを与えてしまうのです。

スポンサーリンク

早めのホワイトニングで綺麗な歯に

ホワイトニングを行えば歯の内部に沈着した汚れを取り除くことが出来ます。

歯に内部へとホワイトニングの薬剤が浸透していくので、歯が白くなっていきます。

歯の表面に塗ったホワイトニングの薬剤の成分が歯の内部の汚れを分解します。 そのためホワイトニングを行えば歯が白くなることが出来るのです。

あなたは喫煙者ですか。 喫煙者は自分の歯が黄色に変色していることが気になっているのではないでしょうか。

喫煙の習慣がある場合はホワイトニングをしてみませんか。

あなたのその黄ばみが強い歯が白く綺麗な歯になっていくでしょう。 ホワイトニングは思い立ったらすぐに行いましょう。

早ければ早いほど綺麗な歯を手に入れることが出来ますよ。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします