食べ物から歯が白くなる!?ホワイトニングの真実 | Quality Of Life

食べ物から歯が白くなる!?ホワイトニングの真実

スポンサーリンク

歯の変色の原因のほとんどは食からです。確かに喫煙から歯の変色は起こりやすく、禁煙によって変色リスクを軽減すること出来ます。

しかし、変色は喫煙からだけではなく、何を食べるかによってそのリスクは増減することもあるのです。

今回は食べ物から白い歯をと銘打ち、何が歯の変色となる食べ物なのか、そして変色しにくい食べ物とは何なのかに焦点を当て、ホワイトニングするに当たって重要な食生活について考えていきましょう。

歯の変色の原因となる成分についてはある程度解明がなされています。よく言われるものの代表格がタンニンとポリフェノールです。

実はポリフェノールとは、食物成分の総称であり、タンニンはその一種です。そう考えると、広義でのポリフェノールに該当する食品は多数存在します。

緑茶や柿、ワインもそうですし、コーヒーやイチゴ、果てはゴマも含まれています。

スポンサーリンク

色が強い食品は歯を変色させる

また成分だけでなく、色が強い食品についても歯の変色が認められています。

例えばカレー。見るからに色が付きそうですが、まさしくその通りです。

現に色が付きやすいということで、ホワイトニング後に避けるべき食品として挙げられます。

他にも赤みそを使った味噌汁、コーラ、マスタードなど基本的に色が強い食材は、その色通りに歯の変色の原因となります。

 
ではどんな食品が変色しにくいのでしょうか。実は単純に色が薄い、白っぽい食品によって変色しにくくなります。

例えばワインは赤だと歯の変色に影響を与えますが、白ならばホワイトニング後の推奨食品に名を連ねています。

他にも白身魚、鶏肉、米、パン、フライドポテト、ホワイトソース、白味噌汁など比較的色が薄い、白っぽいものならば、歯への変色に影響は少ないと考えられているようです。

 
列挙してみると、歯の変色に影響を与える食品は確かに多いですが、影響が少ない食品もまたたくさんあります。

全てを避けて通ることは難しいことではあります。

しかし、歯の白さを維持したいとお考えの方は、出来る限り色の濃い食品は避け、もし食べた場合も出来る限りすぐに歯を磨くようにすれば、確実に歯を白く維持することが出来るでしょう。

一度、ご自身の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします