歯が綺麗になるまでに~ホワイトニングの仕組み~ | Quality Of Life

歯が綺麗になるまでに~ホワイトニングの仕組み~

スポンサーリンク

世の中には専門分野があり、門外漢ではよくわからないことは多々あります。

門外漢でも自分に関係することとなれば話は別で、専門知識といえどもある程度知識が必要です。

特に医療分野はその最たる例としてあげることが出来ます。

医療現場では現に、医者に求められていることとして、インフォームドコンセントと呼ばれる、患者に対してどのような治療をなすかを説明する技能が求められています。

患者は伝えられたことに対して、その専門的な言葉を理解する力が求められています。

ホワイトニングをするに当たっても同様で、ある程度知識を持って治療に臨むことが肝要です。

実際ホワイトニングするに当たっては、確かに医者からの説明を受けることは可能です。

ただ、ホワイトニングは審美歯科の分野であり、全てを自費で賄う自由診療です。

保険適用が受けていないため、ホワイトニングのことを自分である程度知っておく必要があります。

スポンサーリンク

ホワイトニングの方法や手順

そうすれば、診療を受ける際のトラブルは防げますし、医院によって異なる治療法もある程度理解でき、自分に合った治療法を選択することが出来ます。

そこで今回はホワイトニングの方法や手順を確認することによって、安心してホワイトニングを受けるための予習をしていくことにしましょう。

まず一般的に、ホワイトニングの種類は二つあります。一つがオフィスホワイトニングと言って、1991年に登場した医院で行うホワイトニングです。

簡単に述べると、35パーセント過酸化水素水(刺激は強いが毒性はない)という高濃度の薬液を使用した後、光を照射することによって薬液を活性化させ、短時間でのホワイトニングを実現させます。

 
もう一つはホームホワイトニングと言って、1989年に登場した自宅で行えるホワイトニングです。

これもまた簡単に述べると、10パーセント過酸化尿素ゲル(ホワイトニング材)を自分の歯に合ったマウストレーに滴下して装着します。

これを一日二時間、二週間のスパンを基本として続けます。歯の白さは大体二週間程度で実現しますが、治療自体は六週間程度続ける必要があります。

他にもウォーキングブリーチ法やデュアルホワイトニング法などもありますが、今回は主要な二つの方法とその手順を確認しました。

それぞれ値段や期間、効果に違いがあるものの、どちらもその効果・安全性については認められています。

確かに、より詳しい情報を得るには、一度歯科に赴き相談してみるのもよいかもしれません。

ただ、その際はある程度知識を入れてから訪れた方が、医師の説明もすんなり理解しやすく安心です。ホワイトニングの前にまず情報収集をお忘れにならずに。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします