コーヒーは黄ばみの原因?食生活から始めるホワイトニング | Quality Of Life

コーヒーは黄ばみの原因?食生活から始めるホワイトニング

スポンサーリンク

ホワイトニングにはお金がかかる。時間もかかる。

そもそも、ホワイトニングしなくてすむようにすればいいのではないか、と考える人は少なくありません。

確かに、歯の変色を防ぎ、ホワイトニングをしなくてもいいように出来れば、それほど素晴らしいことはありません。

では、どうしたら良いのでしょうか?

今回は、食の面からホワイトニングを促進する方法を考えることによって、歯の白さを維持出来るようにしましょう。

まず、そもそも歯の変色を防ぐことが大切です。歯の変色は、主に飲食によって引き起こされるわけですから、食べ物に気をつければ良いのです。

変色を起こしやすい食事としては、例えばポリフェノールを多く含む食材を使ったもの(ブドウ、ココア、チョコレート、赤ワインなど)です。

他にも、タンニンが含まれる飲料物(お茶、コーヒーなど)、色の強い食材(カレーやホウレンソウなど)が挙げられます。

これら全ての食材を避けて食事を摂ることは非常に難しいことです。

しかし、出来る限り摂るのを避け、もし摂った場合は早めに歯磨きをすることによって、色素の沈着を防ぐことは可能です。

現にホワイトニング治療を受けた後でも、すぐ歯磨きをすることで色素の沈着はある程度防げることが確認されています。

スポンサーリンク

色素の沈着がしにくい食材

一方で、色素の沈着がしにくい食材があります。

例えば、お米、白味噌汁、パン、白菜、白身魚、白ワインなど食材自身が白いものに多く、ホワイトニング後の摂取食材としても推奨されています。

つまり、あまり色が強くないものを積極的に摂ることによって、歯の変色を防ぎ、歯の白さを維持することが可能なのです。

白いものを中心に摂り、色が強いものを避ければ、確かに歯の変色は予防できます。

しかし、極端に色が強いものを摂らなければ、今度は栄養に偏りが出てきてしまうので、それはそれで注意が必要です。

ということは、色の強いものを摂った時は、歯ブラシを持ち歩いている時に摂取し、忘れたときは積極的に色が強くない食材を摂る、ということを習慣付けることによって、食生活からのホワイトニングが可能となるわけです。

是非ともこの習慣を身につけられるよう、食生活にはお気をつけて。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします