小顔エステ後は?表情筋を鍛えて若さを保て! | Quality Of Life

小顔エステ後は?表情筋を鍛えて若さを保て!

スポンサーリンク

サロンなどで小顔エステをしてもらっても、やはり年齢に伴う老い・しわはやっぱり心配ですよね。

それにせっかく小顔を手に入れたのに、また、たるんできたらどうしよう…なんていう心配はありませんか?

しわ・たるみ対策って、何か出来ないかな?

そういえば、表情筋を鍛えるといいってよく聞きませんか?

そこで、小顔エステ後だからこそやっていただきたい、顔の表情筋の鍛え方、ご紹介します。

そもそも、表情筋とはなんでしょうか?

その名の通り、顔や目・鼻・口などを動かし、表情を作る筋肉のことです。

日常生活では表情筋全体の30パーセント程度しか使っていないと言われています。

もちろん、使わなければ使わないほど衰えますし、年齢を重ねるほど衰えます。

その衰えは、しわやたるみとして顔に現れます。

スポンサーリンク

表情筋はどうやって鍛えるの?

では、表情筋って、どうやって鍛えればいいのでしょうか?

顔のパーツや表情筋の種類によって鍛える方法はたくさんありますが、簡単なものを二つご紹介します。

一つ目は、「顔を開いて閉じる」。

大きく目も口も鼻も、顔全体を開きます。

その後、顔の真ん中に顔のパーツをすべて集める意識で目も口もつぶります。

これだけでも毎日続ければ、顔の筋肉の可動域がひろがります。

二つ目は、「舌で口の中をなぞる」です。

舌の先で鼻の下→右頬→顎→左頬、と丸くなぞってみましょう。

反対周りもやってみてください。舌がかなり疲れてくると思います。

舌が下がると口角も下がってほうれい線が出来やすくなりますので、しっかり鍛えましょう。

表情筋を鍛えることは、小顔のためやしわ・たるみの予防だけでなく、日々生活していく中で表情豊かに暮らせるようになります。

表情が開放的になると心も不思議と晴れてくるものです。

まさに一石二鳥のトレーニングですね。とても簡単なので、ぜひ日常的に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします