ニキビ跡がシミになりやすい理由 | Quality Of Life

ニキビ跡がシミになりやすい理由

スポンサーリンク

ここでは、皮膚のシミに関してまとめたいと思えます。

皮膚にシミが出来るのは、「UV」がおおきく関係してます。

UVは、消毒・殺菌効果などがあって、日常生活に欠かせない重要な存在です。

ですが、UVを長い時間浴び続けると、メラノサイトが刺激され、皮膚の色素沈着が始まります。

これがシミの発生メカニズムです。

「ニキビ跡」の特色は、炎症が治まったあと、皮膚の赤みがシミになったり、皮膚の表面がデコボコになることが共通点です。

皮膚の赤みは、炎症が治まったあと、3カ月から半年でナチュラルに消えます。

ですが、UVを浴びて肌トラブルになり、シミとして残ることもあるのです。

ニキビ跡は、クレーター(瘢痕)、しこり(硬結)、ケロイドなどがあって、いずれも皮膚の凸凹のほか、不定形な赤みがシミとして存在してます。

ニキビ跡をつくらない為には、ニキビの初期段階で、ニキビの種類や特色を十分理解して肌トラブルを避け、適切な治療をしましょう。

ニキビの場合にかぎらず、皮膚のシミ対応策は日頃から紫外線ケアを十分に行なうことが重要です。

スポンサーリンク

ニキビ跡と皮膚のくすみ

肌トラブルには多種多様なケースがあって、症状や経過なんかも様々です。

ですが、肌トラブルに共通していえることというのは、皮膚の新陳代謝が良くないという事です。

肌の不調のサインであるくすみは、皮膚の透明感やつやがなくなり、暗くみえる状況のことを指します。

くすみが出来るのは、体外に排出されるべき過剰な角質が溜まることが大きな要因です。

又、スキンケア製品の使用方法が不適切で肌トラブルを引き起こすことがあり、結果、くすみとしてのこります。

その他、顔面の毛細血管の血行不良や、皮脂過剰なんかもくすみの要因になることが挙げられます。

ニキビの症状が治まったあと、ニキビ跡が残る要因は様々ですが、くすみも無視することが出来ません。

くすみの要因となる古い角質が溜まると、毛穴の詰まりが生じやすくなったり、酸化した皮脂と一緒にニキビ膿を発生させてしまうこともあります。

ニキビ跡を残さない為にも、皮膚のくすみに対する早期のスキンケアは重要です。

ニキビ跡と赤ら顔の関係とは

なんとなくですが、赤ら顔の人にはニキビやニキビ跡が目立っている人が多いような気がしませんか?もしくはその逆でも言えそうですね。

実は、ニキビ跡の目立つ人と赤ら顔の人には共通点があるのです。

皮膚の構造は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなっています。

そのうち、表皮の厚さは約0.2ミリですが、肌が弱い人はそれよりも薄い為に、温度の変化など外の環境が皮膚にストレートに伝わるのです。

このため、毛細血管が拡張を起こし、顔が赤くみえる「赤ら顔」になり易いのです。

これらの肌が弱い人は、様々な肌トラブルを起こし易くなります。

ニキビやアトピーはその代表格の症状で、炎症等の肌トラブルが起きると治りづらくなるのです。

ニキビ跡が目立つのも肌が弱いため。

ニキビが毛穴のなかで酸化を引き起こすと、それが要因で皮膚が赤くみえます。

その結果、皮膚の表面が凸凹や、赤いシミを伴う「ニキビ跡」が残るという仕組みになっています。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします