レーザー治療でニキビ跡を治す場合 | Quality Of Life

レーザー治療でニキビ跡を治す場合

スポンサーリンク

ニキビ跡の治療には、多種多様な方法があります。

専門医によって行なう治療法の一環としてレーザー治療があります。

レーザー治療というのは、皮膚に直接レーザーを当てて、毛穴詰まりを改善する治療法です。

レーザー治療は、ニキビ跡に小さい穴を開けます。

それにより毛穴を開いて、内部に詰まっている膿や、皮脂など老廃物を体外に排出します。

その結果、新陳代謝がよくなり、皮膚の状況を改善することが可能なんです。

ただしレーザー治療は、毛穴の詰まりの改善し、ニキビ跡を未然に防ぐ効果がありますが、一方で色素沈着や毛細管拡張等の副作用を伴う恐れもあります。

又、レーザー治療あとは、患部をガーゼで覆う期間が数週間必要なこともあり、お勤めの方などはそれを負担に感じる人もいます。

レーザー治療よりも副作用の少ない治療法として、光治療があります。

これは赤ニキビや化膿ニキビに向いているそうなので、治療法選択の参考にして下さいね。

スポンサーリンク

CO2レーザーでの ニキビ跡治療法

様々な種類があるニキビ跡治療法ですが、ここではCO2レーザーに関してまとめたいと思えます。

ニキビは、適切な治療をしないとニキビ跡になります。

自分流で勝手な判断や治療をしないで、かならず専門医の診察を受けて治療をしましょう。

CO2レーザーというのは、炭酸ガスレーザーのことを意味します。

レーザー治療に使用するレーザーには、CO2レーザーのほかに、Nd:YAGレーザー、Dyeレーザー等があります。

レーザーの種類によって出力する光線の波長が異なりますので、ニキビ跡の症状に合わせて使うことが重要です。

CO2レーザーは、おおきくなった「赤ニキビ」など、単発のニキビ治療に効果的な治療法です。

照射時間が短い為、皮膚の炎症や色素沈着、クレーター(瘢痕)等のリスクがすくないことで人気があります。

勿論、CO2レーザーにかぎらず、レーザー治療を行なう前にはカウンセリングや診察にじっくりと時間をかけますので、安心して受けることが出来ます。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします