ニキビ跡を治すFGF治療 | Quality Of Life

ニキビ跡を治すFGF治療

スポンサーリンク

専門医による ニキビ跡治療法の一環としてFGF治療があります。

FGF治療は、クレーター(瘢痕)効果がある治療法です。

クレーターは、ニキビを潰したことによって皮膚が凸凹になった状態で、赤みを伴うこともすくなくありません。

FGF治療では、ケミカルピーリングでは改善できなかった皮膚のデコボコに対しても、大きな効果が期待出来ます。

FGF治療は、CO2レーザー(炭酸レーザー)で皮膚の凸凹を滑らかにします。

FGFは、本来身体の中で生成される因子ですから心配はありません。

そして、できた円形のなだらかなへこみところにFGFを塗布します。

これは皮膚のへこんだところにコラーゲンを増生させ、皮膚の凸凹を修復することが目的です。

このFGF治療後は皮膚が赤く腫れますが、3カ月から半年で症状が消えて綺麗な皮膚になります。

FGF治療は、1回の治療でも結構な効果的です。

もし、2回目の治療を行なう場合は、皮膚の赤みが治まってからになります。

スポンサーリンク

ニキビ跡を治すVビーム治療

ニキビ跡に対する治療法には、レーザーを使用した治療法があります。

レーザー治療に使用するレーザーには、Nd:YAGレーザー、Dyeレーザー、CO2レーザー等がありますが、

レーザーの種類により光線の波長が異なる為、ニキビ跡の症例に合わせて使い分けられます。

Vビームレーザーは、赤い色素に吸収されるっていう特色があります。

このため、血管中のヘモグロビンに反応して吸収、そのうえ凝縮される特性がある為、赤みが残ったニキビ跡治療法として効果的です。

Vビームレーザーは、治療後の皮膚の赤みや腫れがすくないのが大きな特色です。

又、レーザーの設定を変更することによって、目尻の小じわなど顔面のデリケートな部分のアンチエイジング効果も期待できます。

これはレーザー光が線維芽細胞を強力に刺激することで、治療効果が得られるからです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします