クレーター状のニキビ跡を治す方法 | Quality Of Life

クレーター状のニキビ跡を治す方法

スポンサーリンク

クレーター(瘢痕)、硬結果(しこり)、ケロイド等、ニキビ跡にもさまざまな種類があります。

それらに共通する点は、皮膚がデコボコになること、皮膚に不定形な赤いしみができる事などです。

クレーターは、皮膚の赤いしみや凸凹が激しいのが特色で、これを治す為には専門医の受診による治療が必要なのです。

クレーターを治す方法には「FGF治療」があります。

FGF治療というのは、「CO2レーザー(炭酸レーザー)」を使用して、皮膚の凸凹を治す方法です。

CO2レーザーの照射後、なだらかになった患部にFGFを塗布します。

それによりコラーゲンを増生することができて、皮膚の凸凹が修復されます。

FGFは身体の中で生成される因子なので、副作用の心配がありません。

専門医での治療の1つには「ケミカルピーリング」があって、ニキビ跡による皮膚の赤みを治す方法としましては効果的です。

ですが、クレーターによる皮膚の凸凹を治す為にはFGF治療が有効的な治療方法です。

スポンサーリンク

大人ニキビ跡の治し方

思春期ニキビは、男性ホルモンが多いことや、皮脂の分泌が多いことに要因があります。

それに、対し大人ニキビは、食習慣をはじめとする普段の生活習慣の乱れ、ストレス等が大きな要因になります。

ニキビの出来る場所も、頬、口の周囲、顎など顔の一部分のほか、胸元や背中などにもできる事が大きな特徴で、何度も決まって同じ場所にできることが多いです。

過剰な皮脂を分泌させない、皮脂を溜め込まない、皮膚を清潔に保つなど、日ごろのスキンケア一つで状況がころっと変わらないのが大人ニキビの難点。

大人ニキビの症状がひどくなって、ニキビ跡が残らない様にするには、日常生活を見直すことが重要です。

とくに甘いものや脂っこい食事を回避すること、ストレスを溜めない様にすること、睡眠足らなくならない様にすることというのは、ニキビをつくらない為にも重要な事です。

女性の方はホルモンバランスにも気を遣うと尚よいです。

大人ニキビ跡の症状がひどくなった場合は、なるべく早い段階で専門医に診てもらって治療をされるとよいでしょう。

背中ニキビ跡の消し方

成人期に出来る、いわゆる「大人ニキビ」は、顔面だけなく胸元や背中などにもできる事が大きな特色です。

普段の生活習慣の乱れやストレス社会が主要原因で、長引いてしまったり、ニキビ跡になって辛い思いをする人が増加しています。

背中のニキビによる ニキビ跡を防止する為には、普段からのスキンケア、食習慣背中ニキビは、毛穴が詰まることにより皮膚が炎症を引き起こすことが大きな要因です。

特に背中は皮脂腺の多い場所で、汗をかいた後のお手入れが不十分だと、毛穴が詰まってニキビができてしまいます。

そして、皮膚が厚い部分でもあるので、一度潰すとニキビ跡が大きく残ったり、何度も再発する恐れがあります。

できてしまった背中ニキビ跡の消し方には、専門医によるレーザー治療、ケミカルピーリング等が効果があります。

顔面の治療とはちがい、背中は人目につきにくい場所なので、背中ニキビの消し方としましては効果的な方法です。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします