大人ニキビとニキビの違い | Quality Of Life

大人ニキビとニキビの違い

スポンサーリンク

大人ニキビと、思春期の頃に出来るニキビとの違いは何でしょうか。

思春期の頃にできるニキビとは、成長ホルモンの影響であることが特徴の一つとしてあげられます。

それに対し、ホルモンという意味では同じですが、大人ニキビの場合、男性ホルモンの影響がとても大きいのです。

また、思春期の頃のニキビは、ある一定の時期にだけ出来、しかも、春から秋頃の時期が特に悪化することが多いのですが、

洗顔などのニキビケアをしっかりとしていれば自然と治るのが一般的です。

一方、大人ニキビの場合は、20~30代の頃で、年間問わず発症し、しっかりしたケアや治療を施さなければ、なかなか完治には至らないという違いがあります。

できる場所も口周りやあごのラインなど、皮脂分泌のそんなに多くない場所というのも多いですよね。

また、大人ニキビと思春期に出来るニキビの共通する原因としては、食事や生活習慣などがあります。

脂っぽいものを食べている方は、どうしても ニキビが出来やすくなりますし、お菓子やジュースなどの間食が多ければ、他の人よりも ニキビが出来やすくなります。

野菜が不足していても、偏った食事スタイルでも ニキビになりやすくなるのです。

まずは間食を減らし、バランスの良い食事内容に切り替えるだけでも ニキビは改善されるのです。

スポンサーリンク

大人の肌

大人の肌というのは、子供の頃に比べて皮脂腺が活発なため、どうしてもニキビなどが出来やすくなってしまいます。

また、対人関係でのストレスなども大きく、ホルモンのバランスを崩しやすい生活を送っています。

ホルモンバランスが崩れると、女性の場合は生理不順など、健康面でも大きな影響を及ぼします。

そのひとつに大人ニキビがあります。

大人ニキビは、ストレスを溜め込んだ時、そして、ホルモンバランスが崩れた時に、皮脂分泌が異常に起こることで出来ます。

皮脂分泌が正常になれば、大人ニキビは解消されるのです。

しかし、ホルモンバランスが崩れる原因は非常に多く、原因を特定するのが難しいと言われています。

ストレスや疲労、睡眠不足、偏った食事が主な原因として考えられますので、自身で生活を見直し、一つ一つを改善していくようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします