家庭で行なう大人ニキビ治療 | Quality Of Life

家庭で行なう大人ニキビ治療

スポンサーリンク

家庭で行なう大人ニキビ治療としましては、顔を洗うことや食事の改善等が主になります。

その上で、薬用タイプのスキンケア、又は低刺激タイプの化粧品を使用したり、ピーリング石けんなどで古くなった角質のケアを同時に行なうことなんかも効果がある様です。

ただし、大人ニキビ治療を家庭で行なう場合の注意事項があります。

というのも、そんなにおおきくなっていない状況ならば、帰宅後の顔を洗うことや、

ただしい普段の生活習慣などで改善が見込める可能性があるのですが、

すでにおおきくなり、又は化膿している状況になっているとき、最初にお医者様に診断していただいたほうがいいでしょう。

それは、大人ニキビがおおきく、そして、化膿しているとき、完治までに若干の日数がかかり、ニキビ跡を残す要因となることが1つ。

そして治療法を間違えると、更なる悪化の要因となり、完治しても大きなニキビ跡が出来てしまうことが考えられるからです。

大人ニキビの治療法は色々とあり、それに応じた効果も見込めますが、

ニキビ跡の治療には、大人ニキビ完治よりも遥かに時間がかかりますし、

美容外科やエステなどである程度短期間で治療するとなれば、相当な料金がかかってしまうことになります。

安易に家庭で大人ニキビ治療などは行わず、医師に指示を仰ぐことをオススメします。

スポンサーリンク

大人ニキビの皮膚科治療

大人ニキビには、赤ニキビ・白ニキビ・黒ニキビの3種類があります。

赤ニキビというのは、細菌が毛穴を塞ぎ、炎症を起こした事で赤くなった状況をいいます。

赤ニキビで、しこったような固い状況となった場合、又は痛みを伴った場合には、皮膚科での治療を受けた方がいいでしょう。

皮膚科での治療法としましては、外用薬が主体になりますが、状況によっては内服薬との併用となる様です。

黒ニキビというのは、白ニキビに汚れた状況、UVや空気によって酸化したことによって黒ずんだ状況、

又、角栓が出来た事で、肌にメラニン色素が増加したことで黒ずんで見える状況をいいます。

白ニキビというのは、毛穴の中に皮脂や老廃物が混じりあい、毛穴をふさいでしまった状況をいいます。

皮膚科での治療も、健康保険が適応になるのは一部の治療の範囲に留まります。

そのため、治療の様々な治療法を紹介できる比較的大き目の皮膚科にまず診察してもらうのがよいでしょう。

大人ニキビの治療法 美容外科

大人ニキビの治療法には、美容外科のお手入れ、東洋医学、西洋医学となどよって全く異なります。

美容外科で行っている大人ニキビの治療には、ケミカルピーリング・光治療が多く利用しているみたいです。

ケミカルピーリングというのは、ケミカルピーリング剤といわれる、グリコール剤やサリチル酸などを肌の状況に合わせ調合したものを肌に塗り、

古くなった角質や毛穴に詰まっている老廃物や皮脂などを溶かして、毛穴の中を掃除することで大人ニキビを改善するっていうものです。

光治療は、可視光線っていう青・緑・黄色・橙・赤の光を、大人ニキビに照射し、毛穴に存在している細菌の数を減少させ、

毛穴の炎症を抑制することによって、大人ニキビ改善を促進する方法です。

ニキビの状況次第ですが、3回前後の光治療で効果を実感する事ができるといわれています。

美容外科でのケミカルピーリング・光治療は、保険適用外ですから料金面などにご留意ください。

又、美容外科によって料金も治療法もちがいがある様です。

医師と良く相談して、治療内容を確認し、納得したうえで行うことをお勧めします。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします