皮膚の炎症を抱えている人の理想的なスキンケアとは何か | Quality Of Life

皮膚の炎症を抱えている人の理想的なスキンケアとは何か

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の患者の肌は、通常の人の肌に比べて、刺激に弱く、乾燥しがちで水分を失いやすいとされています。

これは、皮膚のバリア機能が働かなくなっているからです。

このような場合、スキンケアには、細心の注意を払って行うことが必要になってきます。

では、どんなことに注意すればいのかについて、ここでは、簡潔に説明していきます。

アトピー患者のスキンケアで一番優先すべきことは、肌の保湿を維持することです。

乾燥から守ることも、刺激から守ることも、どちらも保湿によって守られています。

アトピー患者がかゆみを訴える時も、皮膚が乾燥しているために外部の刺激に過剰反応してしまうのです。

同時に、汗を放置しないことです。

汗をかく事自体はいいことですが、放置すれば、細菌が繁殖して、かゆみを引き起こします。

アトピーのスキンケアにいいとされている成分はいくつかありますが、保湿の観点から代表的な成分をあげるならば、まず、セラミドの補給です。

そして、一般人にもよく知られているコラーゲンを摂取することです。

これらの成分は、皮膚の細胞を修復し、水分を回復する働きを持っています。


スポンサーリンク

また、保湿に特に効果的なのは、ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は、男性にはあまり馴染みがない名前ですが、この成分は、スキンケアの薬品の中でもトップクラスの保湿能力があり、皮膚への刺激も少なくアトピー患者に最適です。

また、保湿というと、風呂を利用することもひとつの手段として考えられます。

確かに入浴には、保湿効果があります。

汗をかいた場合に、入浴することは、衛生面から見てもいいことですが、長時間の入浴は、実は皮膚を乾燥させる効果があります。

そのため、何度も入浴をしたり、長時間の入浴はアトピーにとってよくないのです。

それと並行して、肌に合った洗顔剤や石鹸を使用することが大切です。

スキンケアといっても、大切なのは、こういったよく使うものであることが多いのです。

よく使う何度の皮膚に接触するものだからこそ、自分の肌に合ったものでないと、炎症を悪化させる原因になるのです。

刺激を少ないものを使うこと。これは弱酸性のものがいいでしょう。皮膚と相性がいいので、与える刺激が少なくてすみます。

顔や体の洗い方も重要です。

やってはいけないのは、強くこするように洗うことです。

アトピーの場合、皮膚が敏感なので、強く洗うと、それだけでかゆみが出てきてしまいます。

なでるように優しく洗えば、十分垢を落とせますし、肌を傷つけることもありません。

正しい知識を持って改善に努めることで、アトピー体質を克服できるのです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします