胃炎で本当に口臭が発生するのか | Quality Of Life

胃炎で本当に口臭が発生するのか

スポンサーリンク

みなさんは、イヤな口臭の原因として、どのようなことを思い浮かべるでしょうか。

昔から良く言われるのは、胃に疾患が有る場合に、口臭として現れるということです。

口と胃は食道を通じて直通しているので、この理屈は普通に考えれば間違っていないように思えます。

しかし、よく言われたこの理屈は、実際にはその正しさが証明されていないようです。

一説によれば、胃炎や胃潰瘍などの疾患によって、口臭がイヤな臭いになることは、相当に重度な物でなければ考えにくいということが言われています。

それでは、そのような口臭は何が原因で発生しているのでしょうか?

それには、疾病に関係のない通常の口臭が何故発生しているかを考えてみなければいけないでしょう。

一般に口臭は、食事と口内環境に依存していることが知られています。


スポンサーリンク

食事の方ですが、例えばニンニクやニラなど、それ自体の臭いが強いものを好んで食べていると、

その臭いが残留し、イヤな臭いのする口臭として発生してしまうというものです。

例に上げたの元からかなり強烈な臭いのものでしたが、普通の食事であっても、それぞれ臭いが存在するため、

蓄積されて混ざるとイヤな臭いになるということも考えられます。

そして口内環境の方は、要するに口の中が清潔で健康であるか、ということです。

毎日歯を磨いていても、必ずしも全ての汚れが排除できているとは限りません。

そういった残りカスなどが原因となって、口臭を発生させていることも考えられます。

口臭を防止するのは、やはり日々の食事と、

ブラッシングを考え直すことが1番の近道であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします