胃腸の弱さと口臭の関係はあるのか | Quality Of Life

胃腸の弱さと口臭の関係はあるのか

スポンサーリンク

口臭の原因というと、どうしても胃腸に何かしらの原因があると考える方が多いかと思います。

口と食道を通じて、胃と腸は直接繋がっているのですから、そう考えられるのは自然だと思われますが、

実は胃の疾患はよほどの重度でなければそこまで口臭に影響を与えないとも言われています。

それでは、腸の方はどうなのでしょうか?

小腸大腸の位置はご存知のとおり、胃よりも下、つまり食道から遠い場所にあります。

上で述べたように、胃での症状が口臭に対して影響を及ぼしにくいのだとしたら、より食道から遠い腸での異常はよりその影響が薄いのでしょうか?


スポンサーリンク

結論から言うならば、ノーです。

確かに腸は胃よりも食道、ひいては口腔から遠く影響を及ぼしにくいように思えますが、実際にはそうではありません。

距離は遠いのですが、その分元となる臭いが胃にくらべて強いことがその原因の一つであると言えるでしょう。

つまり、胃腸の、特に腸の異常は口臭として発生する場合があるということになります。

では、そういった腸の異常による口臭にはどのようにして対応するべきでしょうか。

まず第一には、その腸の疾患を治療することです。胃腸薬は市販もされていますが、

やはり時間があるならば専門医にかかり、薬を処方してもらうのが1番でしょう。

効き目にかなりの差が有ると言います。

そして第二に、治療までのつなぎとしてはやはりブレスケア製品などで口臭を極力抑えるようにするのが良いと思われます。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします