臭さを生むのは色々ある!口臭が臭いといわれるもとはなにか | Quality Of Life

臭さを生むのは色々ある!口臭が臭いといわれるもとはなにか

スポンサーリンク

口臭は様々な要因でひどくなっていきます。

ある日突然口臭がきついといわれたり、徐々に口臭がひどくなったり、もともと臭いといわれる方もいらっしゃるでしょう。

口臭に含まれている成分は様々で、臭いと感じる成分も色々あります。

主に臭いと感じる要素は3つあります。

これらが混ざってガスが生まれて、臭さを出します。

まず、卵が腐ったような臭さを放つ「硫化水素」です。

温泉で嗅いだ事がある方もいらっしゃるかと思います。

次に、魚や野菜が腐ったような臭さを放つ「メチルメルカプタン」という成分、そして生ゴミのような匂いを放つ「ジメルサルファイド」の3つです。

卵や魚や野菜が腐り、生ゴミのような匂いという最悪のガスです。

これらのガスだけでなく、口が不衛生な状態も臭い要因の一つです。

手入れができず細菌だらけだったり、唾液が少なくなったというところから不衛生になっていきます。

そして食べ物にも口臭をひどくする食品があります。

ニンニクやネギ類等長期的に口臭がひどくなる食品もあります。

以上のことをまとめると、先ほどの3要素が混ざったガスと不衛生な口内、そして食品がもたらす臭さが混ざり合った結果、口臭をひどくすることになります。

このように口臭をひどくする要因をまとめてみましたが、要因は様々です。


スポンサーリンク

他にも生理的な口臭です。

こればかりは誰でも持っていて、避けられない口臭です。

口臭は生活の中で、一時的にひどくなる場面が多いです。

特に強いにおいになるのは、起床直後や空腹時、そして緊張時が多いようです。

これらに共通して言えるのが、唾液の分泌が減少していることです。

これにより口の中で細菌が増殖して、口臭の原因物質である硫黄化合物が大量に作られてしまうのです。

一時的に増えますが、歯磨きをしたり、話したりすることで唾液の分泌を多くしたり、細菌を減らすことができます。

これで普段の生活で口臭がひどくなるのを防げます。

そして、病気による口臭がひどくなるケースです。

口の中だけでなく、鼻やのどの病気も大きく関わります。

例えば歯周病やむし歯、糖尿病などが挙げられます。

これも唾液の減少や口内の清潔さが欠けているため、病気を引き起こしてしまうのです。

とりわけ歯周病は口臭が最もひどくなる要因ですので、定期的な歯科治療が必要です。

そして食品もアレンジすれば口臭を防げます。

ニンニクやネギ類等は調理すれば臭さを防げますし、食事に牛乳を加えてみると、匂いを和らいでくれます。

口臭がきついと思う食品は、牛乳など匂いを和らげる食品を見つけて合わせてみると、口臭予防にもなるでしょう。

身近な努力が口臭を防げます。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします