赤ちゃんでも口臭がひどくなることがある?赤ちゃんと口臭の関係 | Quality Of Life

赤ちゃんでも口臭がひどくなることがある?赤ちゃんと口臭の関係

スポンサーリンク

生まれた子供の口臭が臭いと感じてしまったことはないでしょうか。

そんな匂いがすることはないだろうとお子さんをお持ちでない方は思われるかと思います。

しかし、自分自身嗅いだ事が無い匂いが我が子から匂ってくるのはショックだと思います。

口臭がひどくなるのはいくつかの原因があります。

これは赤ちゃんの時だけでなく、大人になっても共通してくることばかりですので、ご注意ください。

まず、赤ちゃんの口臭がひどくなってしまうの原因の一つに、「水分不足」が挙げられます。

大人にもあてはまってくる原因ですが、なぜ水分不足で口臭がひどくなってしまうのかというと、口の中が乾燥することによって唾液の分泌が徐々に減少していきます。

すると、乾燥しているところに雑菌が繁殖し溜まりやすくなります。

これが口臭をひどくする原因となります。

特に注意していただきたいのが、朝起きた時などは、赤ちゃんだけでなく、だれでも口臭は少なからずあります。

それが水分不足を加えることによってより口が乾燥して口臭をひどくしてしまうのです。


スポンサーリンク

次に抗体が十分にできていない赤ちゃんに大敵な、風邪を引いたり、鼻づまりがあるといった病気による赤ちゃんの体調が悪いときにも、

口臭がひどくなる成分が溜まっていくことが多いです。

これは呼吸による酸素の循環がうまくいっていませんので、特に鼻詰まりがひどい赤ちゃんは、鼻呼吸をせず口呼吸を多くしてしまいます。

これにより赤ちゃんが空気中の雑菌を口から吸ってしまうのです。

これにより先ほど同様、口の中に雑菌が溜まっていき、口臭をひどくしてしまいます。

そして、よだれが多い赤ちゃんも唾液に雑菌がくっついてしまうことがありますので、それが溜まると口臭がひどくなります。

そして、そろそろ歯が生えてきたばかりの赤ちゃんについてですが、手入れとなる歯磨きが始めはうまくできません。

これにより、初期虫歯にかかってしまうと、雑菌が溜まってしまいます。

なってしまい、これが口臭がひどくなる原因となることもあります。

歯医者に行って、早々の治療をお勧めします。

先ほど取り上げた原因を抜粋すれば、「水分が不足」することや「体調を崩して口から雑菌を入れる」ことを中心に考えてみてください。

これには、赤ちゃんの身体を冷やさないようにすることです。

コツとして、例えば歯が生えたばかりの赤ちゃんについてですが、食後に白湯やお茶を飲ませてあげることで、

口の中をきれいにしていったり、ガーゼや赤ちゃん用歯磨きを使って丁寧に磨いてあげたりしてあげましょう。

そして、虫歯など口の中にできた病気や、歯が生えてきたら定期的に、歯医者に検査しに行くこともお勧めです。

赤ちゃんの体内に有害な雑菌を入れ続けないよう、口臭のみならず虫歯など他の病気を予防していくのに大切です。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします