口臭は「お手上げ」の時代から「治す」時代へ | Quality Of Life

口臭は「お手上げ」の時代から「治す」時代へ

スポンサーリンク

「人と会う時に気になる部分はどこですか?」と聞かれたときに、「見た目」だとか「服装」等、人によって気になる部分はまちまちかと思います。

最近では「口臭」と答える人も少なくないとか。

よくよく考えるとコンビニエンスストアなどでも最近は、口臭エチケット製品が増えてきましたね。

でも、それだけだと一時しのぎにしかならないですよね。

「だって、口臭は生理的現象だし、生まれ持っているものじゃない?」と考えるあなたはちょっと古い!

口臭は治してしまう時代到来です。

ただ、口臭にも種類があるので、それらを見極めて適切な治療を行う必要があります。

まずは生理的現象である口臭ですが、これらは比較的理解し易い口腔内の洗浄が不十分から来るものです。

口腔内にて雑菌が繁殖し、これらの菌が臭い成分を生み出してしまいます。

対応策は、適切なブラッシングです。

それに更にプラスして、マウスウォッシュ等で雑菌の繁殖を予防すれば、効果倍増になるかと思います。

また、虫歯や歯周病も口臭の原因となりますので、歯科に通院するのをお勧めします。


スポンサーリンク

いやいや、よく歯は磨くのだけど、口臭が消えないんだよねぇというアナタは、何か内臓に病気を持っていませんか?

なんと、内臓に病気があるのも口臭の原因です。

気管支炎等の呼吸器疾患や胃潰瘍や胃炎等の消化器疾患がその例です。

これは、臓器の炎症部分が損傷してしまい、そこから口臭の原因となる臭い物質が発生してしまったり、

病気のせいで口呼吸をする事により口腔内の雑菌が増加、生理的現象である口臭も一緒に発生という増悪効果をもたらします。

呼吸器や消化器は、なるほど確かにそのまま口までつながっていると思われるので、想像し易いかと思いますが、それ以外の疾患でも口臭は起こりますよ。

例えば、最近急激に増えている糖尿病。これは体内の代謝バランスが崩れた結果、特有の臭い物質を生み出してしまい、口臭となってしまいます。

また、糖尿病の特有症状である口渇感も口をカラカラにさせてしまう事により、口腔内の雑菌繁殖を促してしまいます。

これらの疾患にかかっている場合は、口臭治療よりも根本となる内臓疾患を治療する事に尽きます。

それぞれの専門の先生に相談してみたらいかがでしょうか。

また、歯科で相談して専門医に紹介してもうという方法もあります。

更に最近ですと、上記の2パターンにあてはまらない口臭の訴えも存在します。

それは「自臭症」というものです。

これは、生理的現象でも口臭が起こっておらず尚且つ内臓疾患等も持っていないのに、口臭が非常に気になるという訴えです。

可能性としては、当人の思い込みの可能性が高いそうで、この訴えをされる患者さんはなかなか多いそうですよ。

この症状は極端な場合は精神病の一種になってしまうらしいので、口臭を気にしているアナタは、

今一度自分の口臭がどれに当たるのか検討して適切な治療をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします