不妊症の治療過程で健康保険のきくものときかないもの | Quality Of Life

不妊症の治療過程で健康保険のきくものときかないもの

スポンサーリンク

不妊症治療にはとにかくお金がかかる!と、あなたは聞いたことがありませんか。不妊症治療には、健康保険のきくものときかないものがあります。

単なる風邪でも、健康保険がきかなければ治療費が1万円超えてしまうこともありますものね。

それが、長期間にわたり、さらに、検査もたくさんしなければならない不妊症の治療では、いったいいくらになるのか想像しただけでちょっとこわくなってしまいます。

なぜ不妊症治療には健康保険がきくものときかないものがあるのでしょうか。それは、不妊症が病気だとは言い切れないからなんです。

不妊症の原因は、多くの場合、結局は不明なんだそうです。原因が不明であれば、病気とは言い切れませんものね。

一方、だからこそ、婦人系のはっきりした病気があれば、不妊症の治療では健康保険がききます。

子宮内膜症などの婦人系の病気ではちゃんと健康保険が使えます。

ですが、病名がつかない場合の治療、たとえば、人工授精であったり体外受精であったりという方法を取ると、健康保険がききません。


スポンサーリンク

数百万円という治療代を払わなければならないこともよくあるのです。

大切な赤ちゃんに出会うためなら、お金は惜しみたくはないですが、それにしても治療に数百万円ともなると、先立つものがなくなってしまいますよね。

そんなときに、健康保険ではなくて生命保険で不妊症治療の費用をまかなうことができる場合があります。

各社から出ている生命保険・医療保険の商品を見比べてみると、不妊症治療のための保険を紹介しているところがあります。

それぞれの会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

とはいうものの、人工授精などの健康保険がきかない不妊症治療は最終段階であって、健康保険のきく範囲内で治療に成功して妊娠できたという人も多くあります。

婦人科でも健康保険のきく範囲で治療をまずは進めてくれるので、不妊症を予防・改善するためには、まずは安心して婦人科に行って相談してみるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします