子供がほしい人は早めに子宮筋腫の検査をして腹腔鏡手術をうけるべき | Quality Of Life

子供がほしい人は早めに子宮筋腫の検査をして腹腔鏡手術をうけるべき

スポンサーリンク

大分県在住 G.Nさん(35歳)

私は子供を早く産んでよかったと思っています。去年くらいから検査に行くと、子宮筋腫があると言われるようになったからです。

子宮筋腫というのは30代から発症しやすくなるというのはわかっていましたが、いろいろな制約や症状が出てきます。

例えばなんですが子宮筋腫になると着床しにくくなるのです。

着床は妊娠において必要なことで、これができないと子供が生まれません。

子宮筋腫は腫瘍ができるわけですし、そうなると着床が難しくなるというのは容易に想像がつくと思います。

また流産の可能性も高くなります。子宮を圧迫してしまうので、上手に育たたないというわけです。

そういった危険性があるために、早めに子宮筋腫の検査を受けておくことっていうのは大事だ思うのです。特に子供がほしいという女性は必須でしょう。

私は20代で子供を産みましたが、最近では20代で子供を生む事自体もそこまで多くありません。

逆に30代で子供を生むことも当たり前になってきています。

しかし30代で子供を生むためには、子宮筋腫などがあっては健康な子供を生むことは難しいでしょう。


スポンサーリンク

だからこそ早めにというわけなんですが、最近では腹腔鏡手術で子宮を残しながら手術をすることができます。

腹腔鏡手術なら、あまり体に負担もありませんし、傷口が目立つということもありません。

だから子供を持つこともできます。

昔だったら全摘手術だったかもしれませんが、今なら子宮を残しながら子宮筋腫を取ることも可能なのです。

しかもかなり楽な方法で。

そうなれば若いうちから検査に行っておくに越したことはなないでしょう。

もし子宮筋腫で放置していたら、30歳以降の出産は難しくなります。

最近はホントに高齢出産が増えていますし、出産前にこういうチェックというのはやっておいたほうがいいように思います。

乳がんや子宮頸がんなどの予防は結構社会的に必要だという機運が高まっていますが、本当は子宮筋腫も検査が必要なはずです。

子供がほしい人はまず子宮筋腫のチェックをしてもらいましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします