本当にただのうつ?男性だって更年期障害はあるんです! | Quality Of Life

本当にただのうつ?男性だって更年期障害はあるんです!

スポンサーリンク

社会的な責任や重圧がピークに達する40代から50代の男性。

不眠や倦怠感、疲労感を強く感じても、仕事のストレスから来る軽いうつかな、と勝手に思い込んでしまいがちです。

しかし、もしかしたら男性ホルモンの分泌が減退し、それによって体のバランスが崩れたことから症状が出ているのかもしれません。

男性ホルモン分泌の減退・・・そう、男性にも、更年期障害はあるんです。

女性は更年期になると、女性ホルモンの分泌量が減り、それに伴って自律神経の働きが狂い、のぼせや発汗、頭痛、情緒不安定など、様々な症状が出て来ます。

イライラしている熟年女性を見ると「更年期かな」と悪口をこぼしたくなりますが、更年期は男性にとっても他人事ではありません。

女性のように、閉経という明確な区切りはなく、進む度合いも緩やかですが、確実に男性ホルモンの分泌量は年齢とともに減っていきます。


スポンサーリンク

ほてりやのぼせ等、女性の更年期でよく聞く症状は少なく、不眠や疲労感、性欲の減退が男性更年期の特徴として挙げられます。

男性の更年期障害は、女性のように市民権を得ていませんが、詳しく見てくれる内科や泌尿器科もあります。

血中の男性ホルモン濃度を測ることですぐに検査できますし、不調の原因が更年期によるものだとわかれば、ホルモン補充療法で改善できるかもしれません。

注射や飲み薬、塗り薬などによってホルモンを体に補充し、バランスを整えるのです。

性欲が明らかに減退した、体が重い、どうしても気分が沈んでしまう、眠れない、だるい、など、

体の不調を感じたら、単なる仕事の疲れだと処理せずに、受診することをお勧めします。

更年期が原因だったら治療の方向性も見えてきますし、他に、不調の原因となる疾病を早期に発見できるかもしれません。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします