漢方薬が更年期障害を劇的に緩和するかもしれないその理由とは | Quality Of Life

漢方薬が更年期障害を劇的に緩和するかもしれないその理由とは

スポンサーリンク

早い人では30代から症状が表れると言われている更年期障害。

加齢によって体内で作られるホルモンの量に変化が生じ、その影響で倦怠感やのぼせ、イライラなど日常の生活を快適に送ることができないほどの症状が出ることもある症状です。

この更年期障害、ホルモンが原因であることは分かっているもののその症状は千差万別。

人によっては出ない症状が人によっては出るということもあり、画一的な治療は難しいと言う事ができます。

しかし、西洋医学ではホルモンの状態に変が生じることで更年期障害に陥ることから、この改善にはホルモン剤を利用することがほとんどです。

確かにホルモン剤によってその症状を緩和することは可能かもしれませんが、継続してその症状を和らげることは難しいのかもしれません。

そこで近年注目されているのが東洋医学の薬である漢方です。漢方薬にはホルモンを直接増減させるような機能はありません。


スポンサーリンク

しかし漢方薬を利用することでその人の症状に合わせた症状の改善を目指すことができ

西洋医学の薬であるホルモン剤と合わせて利用することで更年期障害の症状を緩和することができるかもしれないと考えられているのです。

西洋医学が直接的に問題のある部位や状態を改善することを前提にするのに対し、東洋医学は人の体を正常な状態に保ち体全体を視野に入れて改善することを前提にしています。

それぞれ効果の範囲に違いがある分、画一的な症状ではなく幅広く様々な症状が出る更年期障害には特に効果が高いと言えるでしょう。

漢方での考え方で大切にされていることには代謝を高めることや体を温めること、更には体内の水分を整えることなどです。

これらを更年期障害の症状と対比させるのであれば体を温めることで冷えやコリを低減させることもできるでしょう。

代謝を高めて体の循環を促せば精神的な不安定も解消できます。体の内部を整えれば体のほてりも抑えることもできるかもしれません。

何よりもホルモンの調整だけでなくそれぞれの症状に合わせて改善を試みることができるというところが漢方薬の魅力ではないでしょうか。

更年期障害でお悩みの場合には医師から言われるままに西洋医学中心にホルモン剤の投薬だけを行うのではなく、

東洋医学も存在することを意識しつつ漢方も取り入れながら自分の症状に合わせて治療を行っていくことで更に症状を緩和することができます。

中には両方を併用しながら治療を行っている病院や医者もいますので、そのような病院を探してみましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします