一般的に魅力的じゃない山や森こそ更年期障害の症状を緩和してくれる | Quality Of Life

一般的に魅力的じゃない山や森こそ更年期障害の症状を緩和してくれる

スポンサーリンク

鹿児島県在住 M.Hさん(48歳)

パワースポットというのが最近の若い人達に流行っているらしいですね。誰が言い出したのか知りませんが、パワースポットというのは確かに存在すると思います。

でも、みんなが見に行くような有名なパワースポットはあまり効果がないと個人的に思っています。

例えば山や森の中にあるパワースポットに行くとしましょう。そういう時に多くの人がやってきて一緒にパワースポットを見に行くわけです。

有名なところはもはや観光地と化してしまっているらしいので、パワーを得ると言うよりも、うるさいところになってしまっています。

ですから私はパワースポットというのはあると思いますが、有名なところには一切行かないようにしています。

じゃあどういうところに言っているかというと、私が自分で見つけたパワースポットに言っているんです。その多くは自然の場所なんですけどね。

例えば誰も登らないような山や誰も入らないような森というのは非常にパワースポットになっている、と思っています。

私は更年期障害に入ってきているのですが、その更年期障害を治すために森林浴などが非常に効果的なのです。

山登りをして森林浴をして、そして変えるだけで朝から更年期障害の頭痛があっても、それがすっかり消えてしまうくらいなのです。

まさに更年期障害の頭痛を消すほどのパワースポットになっているというわけです。有名なところにも負けないくらいの癒し効果があると思います。

たまに更年期障害とは関係なく行くときもありますが、その時もリラックスできて最高です。

岩場でお茶を飲んでゆったりとしていると、その時は地球の声が聞こえてくるかのようです。小鳥のさえずりや木漏れ日に囲まれて、ついうとうとしてしまいます。

そうして今は更年期障害もだいぶ楽になりました。究極的な民間療法ですから、私のような人以外は効かない可能性はあります。

しかし癒し効果はすごいですよ。絶対に普通のパワースポットよりもいいと思います。どこにでもありますから、まずは手近なところで探してみるといいと思います。 

スポンサーリンク

早期発見が有効ながんと同じように頭痛も早めに診断がおすすめだ

沖縄県在住 J.Sさん(44歳)

息子と一緒に私も頭痛を持っているいわゆる偏頭痛持ちなので、それを治すために病院に行ったことがあります。

今ではすっかり治っているのですが、私の場合は少し行くのが遅かったせいもあって、治りが遅かったです。息子はすぐに治ったようですが。

私は30代の頃から偏頭痛があったんです。嫌だなぁと思いながらも、頭痛薬を飲みながら何とか過ごしていました。

そんな時に息子も生まれて、息子が大きくなってきて「頭痛持ちだから病院に行こうと思う」と言い出したのです。

もしや遺伝しているのかもしれませんが、私も頭痛持ちですしせっかくだからこの際に一緒に行って直してしまおうと思ったのです。

そして息子と一緒に行ったんですけど、放置していた時間が長いと治りが遅いみたいですね。苦労はしましたが仕方ないですよね。

でも治ったから良かったです。頭痛持ちの人はできるだけ早めに受信をして治してもらうのがいいと思います。

あまりにも放置をしていると、治りが遅くなります。それに私みたいに更年期障害を発症してしまうと、頭痛がどういう理由で起こっているかわからなくなります。

元々頭痛持ちだった私は更年期障害も併せ持つようになって、頭痛が二種類になってしまいました。同じように頭がいたいのですが、痛い部分がぜんぜん違うのです。

だからどちらも治す必要が出てしまったのです。これはすごく苦労しました。

なぜなら今まで2週間に1回くらいだった頭痛の感覚が、更年期障害を起こしてからというもの、

更年期障害由来の頭痛が増えたために、週に1回は痛くなるペースに増えてしまったからです。

もし早めに治していたらこういうこともなかったはずです。だからこそ早めに頭痛外来にかかって治すべきだと思います。

それにこの年になってくると脳梗塞が少し発見されたりもしますし、以外な病気が見つかったりもします。更年期障害もまさにそのひとつでしょう。

必ず放置しないで受診したほうがいいでしょう。

更年期障害と頭痛を併発することになった私からのお願いでもあります。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします