その病院であなたが医療事務を志望する動機は自分の言葉で伝えよう! | Quality Of Life

その病院であなたが医療事務を志望する動機は自分の言葉で伝えよう!

スポンサーリンク

医療事務の採用担当者からの面接において、「医療事務を志望する動機は?」と聞かれて、あなたはどのように答えるでしょうか。

求人票を見て、その医療機関で医療事務を担当したいと思った理由はどのようなことからなのでしょうか。

求人情報に掲載されている医療事務の採用人数は一人、もしくは二人といったところがほとんどだと思います。

その枠に対して、応募する人数は多くなる場合が多いのですが、その中から「あなたを採用したい」と、採用担当者から思われなければなりません。

そのためには、採用担当者にしっかりと伝えなければならない点が、二点あります。一つは、ここの医療機関でどうしても就業したいと思った理由です。

二つ目は、この医療機関に自分を採用することで、どのようなメリットがあるかという点です。

これらについて、面接の時にしっかり伝えられるような準備をする必要があります。

就業を希望する医療機関について、まず、Webサイトやパンフレットなどで情報収集をすると思います。

そこには、その医療機関の方針や考えが掲載されています。


スポンサーリンク

その部分に共感して、就業を希望したという理由を伝える人が多くいますが、それでは、せっかくの応募理由も、大勢の中に埋もれてしまいます。

医療機関の方針に共感したことは、とても良いことなので、それに加えて、自分の就業に対する志を伝えたり、

自分が目指す医療事務員像、理想とする医療機関像など、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

更に、わかりやすく、自分の気持ちを相手に伝えられるように話すことで、採用側の印象にも残り、採用される確率も大きく上がることと思います。

自分を良くアピールすることも大切なことです。自分を採用したら、このような良い点があると、上手に自分を売り込めるような準備もしましょう。

自分の力について、自信を持って伝えることができたなら、またそれも採用の加点に繋がることと思います。

医療事務は、患者さんに対する心遣いが必要な部署でもあります。いろいろな質問に、さっとわかりやすく答えられるような力も必要です。

医療事務としての専門知識も必要な要素ですが、その人の人間性についてもしっかりと見られていることを意識してください。

場合によっては、医療事務の専門性よりも、医療事務を担当するのに適しているかという性格を重視され、採用に繋がる場合もあるようです。

自分の言葉で志望理由を伝えることができれば、少ない枠でも必ず採用されるはずです。しっかり準備してください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします