医療と介護事務の資格をダブル取得すると有利?更にリハビリ助手も? | Quality Of Life

医療と介護事務の資格をダブル取得すると有利?更にリハビリ助手も?

スポンサーリンク

医療事務は、とても人気がある職業です。医療事務の資格取得を希望する人も、毎年増えています。

医療事務の通信講座や通学タイプの講座も、人気が集中しています。一方、医療事務の求人情報を見ると、たくさんの募集があるのですが、採用人数は数名です。

医療事務の就業を希望する人は、きっと、医療事務の資格も取得している人が多いのではないかと考えます。

もちろん未経験であったり、資格を取得していない人も応募しているでしょうが、少数派と考えられます。

そのような激戦の中でも、採用試験を通過できるように、自分の他の応募者との差別化を何とかしたいと、考えることと思います。

そこで、医療事務だけでなく、関連業務である介護事務等のの資格も取得したならば、有利になるかもしれません。

何故ならば、今は医療機関と介護関連機関の両方の仕組みが備わった施設が増えています。

そのような場所では、医療と介護の両方の知識が必要となります。

医療事務と介護事務の大きな違いは、レセプト業務という請求書の作り方にありますが、

この違いがわかり、対応方法も知っている人となれば、採用担当者も採用したいと強く思うでしょう。


スポンサーリンク

医療事務や介護事務と同じように、リハビリ助手も、特に資格を取得しなくても業務を担当することができます。

リハビリ助手の仕事内容は、主にリハビリに使用する牽引機器や電気のスイッチを入れたり、リハビリを受ける患者さんのカルテの管理などです。

カルテの管理は医療事務や介護事務でも同じようなことを行いますが、リハビリの機器の使い方については、全く繋がりはないように見えます。

また少し、性質の違う仕事なので、リハビリ助手の資格を取得しても、一緒に活用することはできない可能性が高いと思われます。

資格取得においては、取れるものは取っておいた方がよいという考え方もあると思います。

ただ、時間は限られて、仕事に対する目的もはっきり決まっている場合は、いくつも闇雲に取得するのは避けたほうが良さそうです。

一緒に取得して役に立つと思われるもの、例えば、医療事務と介護事務は一緒に取得すると、多方面に役立つことが想像できます。

窓口対応の時には、双方の知識を活用できる機会があるかもしれません。医療と介護の性質を持った機関では、もちろん活躍が期待できます。

そして、そのような就職先を選ぶことができるチャンスにも恵まれると思います。

自分の就きたい業務を明確にし、それを実現するのに必要な準備は何か、しっかり考えてから資格試験の勉強に臨みましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします