長く続ければ続けるほど平均年収も経験値も高くなる医療事務 | Quality Of Life

長く続ければ続けるほど平均年収も経験値も高くなる医療事務

スポンサーリンク

女性にとても人気のあるお仕事の一つに、医療事務があります。医療事務の資格取得のために、受験する人数は年々増え続けています。

医療事務に就業していても、結婚や出産の際にやむを得ず、退職しなければならない場合もあります。採取職が可能な職業として大きな注目を集めています。

とても人気がある理由はよく分かるのですが、実際に、就職したら、どのくらいのお給料を受け取ることができるのでしょうか。

とても気になるところだと思います。

再就職が可能でも、お給料の金額によっては、と考えて、医療事務の資格を取得しようか、どうしようかと、迷っている人もいるかもしれません。

一般的には、医療事務を担当する正社員で、初任給だと、平均して一ヶ月に15万から20万円の間ぐらいの医療機関が多いようです。

初めは、資格試験を通過して、医療事務に関する知識は持っていても、実務経験はないため、少し低めの給与額になってしまうようです。

パートやアルバイトの場合においても、同じことが言えます。

医療事務の実際の仕事内容はとても大変です。月の初めと月末は特別な作業があり、残業も多くなる傾向があります。

レセプト作業など、専門知識も必要になることから、この給与では大変だという印象を受ける人もいるかもしれません。

あんなに苦労して勉強して取った資格を持っているのに、という印象を持つ人もいるかもしれません。

ですが、医療事務は実務経験の年数が増えれば増えるほど、お給料が上がる職業です。


スポンサーリンク

初めは、医療事務の激務にもなかなか慣れず、とても大変な思いをすることになると思います。

それでも、経験年数を重ねると、経験者であるという判断をされ、給与の額はあがることになります。

医療事務として就職できれば、安定した職場環境があるので、経験年数も重ねていくことができます。

医療機関は、倒産という心配がほぼないので、安心して職業経験を重ねることができます。

一般的に、三年以上の医療事務の経験があれば、経験者を見なされます。転職でも、三年以上が経験者とされる基準になっているようです。

どの職業でも同じことが当てはまりますが、最初は少々不満を感じる金額でも、その仕事を与えられた喜びと、使命感を持って担当しているうちに、たくさんのことが学べると思います。

それらの経験を積み重ねるうちに、お給料に反映するような業務の経験と実践力がついてきます。そのようになるまで、地道に努力してみましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします