治療が必要な脱毛症も、まずは専門の病院で症状について相談して | Quality Of Life

治療が必要な脱毛症も、まずは専門の病院で症状について相談して

スポンサーリンク

「男性型脱毛症」は早めに専門の病院で治療を

ここまで育毛剤の成分やその効果、選ぶ上での注意点などについて見てきましたが、今回は、

市販されている育毛剤では症状を改善させることができない場合、治療が必要な脱毛症のケースについてお話ししていきたいと思います。

別の記事でも紹介しましたが「男性型脱毛症(AGA)」は、市販されている育毛剤で症状を緩和できる脱毛症ではなく、治療によって症状を改善していく脱毛症とされています。

治療というと病気であるかのように感じるかもしれませんが、男性型脱毛症は実際に一つの病気として捉えられ、専門の病院でも治療が行なわれているのです。

「頭頂部の髪の毛が少なくなってきた」とか「生え際が後退しておでこが広くなってきたように感じる」

といった症状が見られる男性は男性型脱毛症である恐れが高いので、専門医に頭皮の状態を診てもらうことをおすすめします。

もし治療が必要である場合は、育毛剤ではなく発毛剤を使用して脱毛症の治療を始めていくことになります。

市販されている育毛剤を使っても一向に結果が現れない・・・という場合は、単なる薄毛や抜け毛ではなく男性型脱毛症を発症していることが考えられます。

一人で悩んでいても解決できませんので、症状に気付いたら早めに医師に相談するようにしましょう。


スポンサーリンク

「AGA検査キット」の役割とは

病院では男性型脱毛症の検査を受けることができますから「もしかしたらAGAかも・・・」と感じることがあれば、

一度病院で検査を受けてみると良いでしょう。男性型脱毛症の検査については病院でのみ行なわれています。

近年では「AGA検査キット」なども市販されていますが、検査キットでは「男性型脱毛症になりやすい体質かどうか」の診断のみとなっています。

検査キットを使って「男性型脱毛症であるかどうか」が分かるわけではないので、その点はあらかじめ注意の上で検査キットを使ってみてください。

もしAGA検査キットで男性型脱毛症になりやすい体質であると診断された場合、

さらに薄毛や抜け毛の症状が進行している場合は、男性型脱毛症を発症している確率が高いと見ることができます。

正確な判断は医師に任せることになりますが、男性型脱毛症になりやすい体質である場合は発症する危険性も高いということですので、

検査キットで脱毛症になりやすい体質と診断され、既に薄毛や抜け毛の症状が現れているという皆さんは病院で検査を受けることをまず第一に考えてください。

治療だけではなく体質改善についても考えて

また、AGA検査キットによって男性型脱毛症になりやすい体質であると診断された皆さんは、自分自身の体質改善についても考えていく必要があります。

男性型脱毛症は親からの遺伝が原因の一つと考えられていますが、男性ホルモンバランスの異常や生活習慣の乱れなどが影響している場合もあるものです。

そのため親が男性型脱毛症を発症していない場合でも、体質によっては皆さんにだけ症状が現われることもあるというわけです。

もし親から遺伝する恐れがないにもかかわらず、薄毛や抜け毛の症状が進行しているのであれば、皆さん自身の体質に問題があることが考えられます。

反対に体質を改善することで症状を食い止めることができる可能性もありますから、治療だけではなく体質改善についても医師に相談してみると良いでしょう。

生活習慣の乱れなどは皆さん自身で見直していくこともできますし、むしろ生活習慣を規則的に正すことが育毛には重要とされています。

次回からは育毛剤を使用する以外の薄毛・抜け毛対策についてお話ししていくことにしましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします