かゆみ・赤み・吹き出物、もし育毛剤を使って肌トラブルが起きたら | Quality Of Life

かゆみ・赤み・吹き出物、もし育毛剤を使って肌トラブルが起きたら

スポンサーリンク

育毛剤の使用による副作用やアレルギー

育毛剤選びにはまず「高い育毛効果が得られるか」といった問題に目を向けることが第一ですが、育毛剤の値段についてもあらかじめよく考えておかなければなりません。

前回お話ししたように、育毛剤は効果と値段のバランスが取れているものを選ぶことが重要となっていますので、

これから薄毛や抜け毛の改善策として育毛剤を使用することを考えている皆さんは、育毛効果と値段のバランスをよく見た上で育毛剤を探してみてください。

そして育毛剤を探す際には、自分の肌質に合ったものを探すこともポイントとなっています。

育毛剤を使用したことによって副作用やアレルギー反応が現われることは実際に見られており、育毛剤の成分が肌質に合わず、

かゆみや赤み、吹き出物といったアレルギー反応が現れたり、その他にもめまい、不整脈、血圧の低下などの症状が見られたりすることが特徴的です。

もちろん、全ての人にこのようなアレルギー反応が現われるわけではありませんし、副作用が起こらず健康的に育毛をしていくことができるケースもたくさんあります。

しかし、敏感肌など肌質がデリケートな皆さん、以前薬剤によるアレルギーを引き起こした経験がある皆さんなどは育毛剤を使用することを一度考え直してみた方が良いかもしれません。


スポンサーリンク

自分の頭皮に合わない育毛剤の使用はすぐにやめて

特に男性用育毛剤の成分は刺激が強く、かえって頭皮にダメージを与えて負担をかけてしまうことにもなりかねません。

元々、肌が弱い男性の皆さんは、できるだけ刺激の少ない育毛剤を使うなど頭皮に負担をかけにくい成分でつくられている育毛剤を探してみることをおすすめします。

また敏感肌専用につくられた育毛剤を使ったり、天然成分で処方されている育毛剤を使ったり、

自分の頭皮に優しく作用してくれる成分をメインに配合した育毛剤を選ぶようにしましょう。

これは女性の皆さんも同様で、女性は男性以上に肌がデリケートなので、育毛剤の刺激が強すぎると肌荒れを引き起こしてしまう恐れが高いと見られています。

そのため女性用育毛剤は男性用よりも頭皮に優しい処方となっていますが、それでも使うと肌が荒れてしまう、

吹き出物ができてしまう、といったアレルギー反応が起きる場合もあります。

育毛剤は頭皮環境の改善に効果的ではあるものの、全ての人の頭皮環境に対応しきれるわけではないため、人によっては全く育毛剤を使うことができない場合もあります。

改善するどころかますます頭皮環境が悪化してしまうことも少なくありませんから、

自分の頭皮に合わない育毛剤は直ちに使用をやめて、医師に頭皮の状態を見てもらうようにしましょう。

頭皮に何らかの症状が現れたら皮膚科の受診を

育毛剤を使ったことで副作用やアレルギー反応が現れた場合は、まず皮膚科で頭皮の状態を診てもらいましょう。

一般の皮膚科でも良いですし、頭髪を専門としている皮膚科が近隣にあればぜひ専門医に診てもらうことをおすすめします。

顔や身体の皮膚には問題がないのに頭皮だけトラブルが起きやすい、という人も少なくありませんから、

そのような場合は頭皮を専門に診てくれる皮膚科を受診してみると良いでしょう。

ただ、一度育毛剤を使ってアレルギー反応が現れてしまったとなると、今後は育毛剤を使用することを控えなければなりません。

また同じようなアレルギー反応が起きる危険性もありますし、他にも様々な症状が引き起こる恐れもあります。

どうしても育毛剤を使用したい場合は医師とよく相談し、必ず許可をもらってから使用するようにしましょう。

次回も専門的な治療について見ていきますが、次回は脱毛症に関する専門的な治療についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします