20代から始める育毛・薄毛治療について | Quality Of Life

20代から始める育毛・薄毛治療について

スポンサーリンク

脱毛症の悩みは40代以降の男性に多いですが、若年性脱毛症と呼ばれる20代から30代の人に見られる症状は年齢が若い分、より深刻な悩みになっています。

ここでは20代の薄毛治療と育毛について考えてみたいと思います。

若年性脱毛症の原因

脱毛症の原因は色々とありますが、若年性脱毛症は主に男性型脱毛症(AGA:AndroGenetic Alopecia)と言われています。

AGAの原因については完全に判明している訳ではありませが、ホルモンのバランスが崩れるためと言われており、

現在、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone、DHT)がAGAの発症に関わっていることが分かっています。

これには遺伝と生活習慣が影響していると考えられています。特に若年性脱毛症の原因は生活習慣におけるストレスと栄養バランスの影響が大きいと言われます。

2011年になって脱毛、白髪の原因がXⅦ型コラーゲンの不足によるものだと言う研究発表がありました。

もしこれが真実であれば脱毛の根本治療に道が開けるかもしれません。

しかし現在のところXⅦ型コラーゲンを体内で増やす方法は確立されておらず、今後の研究が待たれるところです。


スポンサーリンク

治療と効果

誰にでも効果があるという対策は現在確立されていませんが、次のようなものが挙げられます。

(1)薬剤

AGAの治療薬には次のようなものがありますが、対症療法的に飲み続ける必要があるものです。

(2)生活習慣の改善

はっきりした治療法がある訳ではありませんが、有酸素運動とストレスの減少が血中インスリンを減らし、

結果的にDHTが減少する効果があることが分かっていますので、生活習慣に注意して血中インスリンを低くし続けることがAGAに効果的だと考えられます。

(3)その他
現在行われている対策としては、この他に植毛や、脱毛部分の切除などがあります。

20代の薄毛治療について

20代での薄毛治療は経済的基盤もまだ脆弱と言わざるを得ませんので、育毛サロンの利用は難しいと思います。そこで先ず始めとして脱毛症外来をお勧めします。

一般病院よりも費用はかかりますが、専門的見地から長期に診断経過や生活指導を行ってもらえます。

若年性脱毛症の場合の原因の多くが生活習慣によるものだといわれていますので、この生活指導による生活習慣の改善が育毛に大きな効果を上げると考えられます。

中高年のAGA治療には効果的な方法は確立されていませんが、若年性脱毛症の場合、あきらめる必要はありません、髪が気になりだしたら、症状が進む前になるべく早く専門医に相談しましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします