育毛とトリートメントの関係 | Quality Of Life

育毛とトリートメントの関係

スポンサーリンク

育毛にトリートメントは必要なのでしょうか?

答えは「育毛だけを考えるのであれば必要なし」です。それはトリートメントが髪を生やすためのものではないからです。

今生えている髪の毛を美しく保つためのもの。それがトリートメントなのです。

髪を増やすことのみを考えた場合、それは必要ないと言わざるを得ません。でも、折角生えている髪の毛です。

できるだけキレイな状態を維持したいとは思いませんか?ここでは、育毛に着目し、キレイな髪を保つための正しいトリートメントの使用方法をご紹介します。

トリートメントとリンスとコンディショナーは別物

まず、知っておきたいのがトリートメントとリンス、コンディショナーの違いです。一括りにされがちのこの3つですが、その性質は別物なのです。

リンス・・・・・・・髪の油分を補い、髪の表面をカバーするもの。

コンディショナー・・髪表面のコンディションを整えるもの。

トリートメント・・・髪の内部にまで浸透し、ダメージ部分に栄養を補給することができるもの。

リンスとコンディショナーが表面だけに作用するもので、トリートメントのみが髪の内部にまで作用するものということですね。

ですので、キレイな髪を保ちたいと思うなら、トリートメントを使用することが効果的だということです。


スポンサーリンク

育毛の妨げにならない?

トリートメントを使用する上で気をつけなくてはならないことは、育毛の妨げにならないかどうかです。

トリートメントには髪を保護するために様々な成分が含まれています。

中には髪にはいいけど頭皮にはあまり好ましくない……といった成分もあります。特に油分は頭皮にとってあまりよいとは言えません。

なぜなら油分には毛穴を詰まらせてしまう可能性があるからです。

シャンプーで折角、頭皮についた汚れや毛穴に詰まった老廃物を洗浄したのに、その直後によけいな油分を付着してしまっては、元も子もありませんよね。

なので、育毛のみを考えるのであればトリートメントなどはあまり好ましくないということです。

育毛を促進しつつキレイな髪を保つには

正しいトリートメントの仕方をマスターすることが大切です。

まず第一に頭皮に直接トリートメント剤を付けないこと。これは絶対にやってはいけないことのひとつです。毛穴を詰まらせる大きな原因になります。

第二によくすすぐこと。トリートメント剤を使用する上での鉄則は髪と頭皮に残さないことです。髪にも?

と思われるかもしれませんが、髪に残ったトリートメント剤は水分を通して、頭皮にまで下りてきます。

なので、髪にもトリートメント剤を残してはならないのです。

そして、もっとも良いのは育毛専門のトリートメントを使用することです。

育毛に特化したものは頭皮ケアを考えて作られたものが多いので、できれば育毛用のものを使用することが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします