育毛とシステインの関係 | Quality Of Life

育毛とシステインの関係

スポンサーリンク

そもそも髪を構成する成分とはなんでしょうか。毛髪はタンパク質が体内で分解された成分であるアミノ酸からできています。

そのアミノ酸のことを正確にはシステインと呼びます。システインとは、毛髪の材料と呼ぶべき栄養素なのです。

毛髪に限らず肌や爪などのケラチンと呼ばれる細胞骨格を構成する上で不可欠な存在でもあります。

また、システインは頭皮に栄養を与えるコラーゲンの生成をサポートする成分でもあります。

つまり、髪質・頭皮状態を健康に維持する上で必要な栄養分なのです。

システインとダメージケアの関係

抜け毛や薄毛などのダメージヘアの原因としてシステインの不足があります。

飲酒や喫煙などによる有害物質の除去と、パソコンやゲームなどの長時間操作による網膜の負担がかかった時などに消費されることが不足の理由です。

仕事でのパソコン作業は避けられませんが、その他の生活面で改善を意識することで、本来は育毛に回るべき体内のシステインを確保することができます。

ではシステインはどのように摂取すればいいのでしょう?


スポンサーリンク

システインの摂取方法

1、食品から

システインは赤唐辛子・ニンニク・タマネギ・ブロッコリー・芽キャベツ・小麦粉胚芽に含まれています。

しかしながらそれらから摂取できるシステインの量は少ないです。

もう一つの食品から摂取する方法は、体内でシステインを作り出す元のアミノ酸であるメチオニンを摂取することです。

メチオニンは鶏肉・牛肉などの肉類、いわしなどの魚介類、大豆・インゲン豆・ほうれん草などの豆・野菜類やチーズなどの乳製品に多く含まれます。

ですがメチオニンの過剰摂取は動脈硬化を引き起こすリスクを高める危険性も含まれています。その点は注意しましょう。

2、サプリメントから

システインを大量・確実に摂取する上で市販のサプリメントを利用するのは最も効率的な方法です。

システインは皮膚や爪を健康に保つと言われ、女性からも注目を浴びており様々なシステインのサプリメントが販売されております。

システインはあくまで毛髪における材料と呼ぶべき栄養素で、どのくらいの結果が出るかは個人差があるでしょうが、システインを意識した生活を送ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします