話題のレーザー育毛には、2つの方法でアプローチできます | Quality Of Life

話題のレーザー育毛には、2つの方法でアプローチできます

スポンサーリンク

レーザー育毛が話題を集めています。このレーザー育毛は大きく分けると2つの方法があります。

1つは育毛の病院、クリニックなどの専門家に見てもらう方法で、もう1つは市販されている育毛レーザーがあり有名なところで、

「ヘアレーザープレミアム」「レーザー育毛機X5」世界で初めて最初に開発された個人用の育毛機である「レイモ」などがあります。

レーザーと聞くと危険を感じそうですが、実際はかなり安全になっています。

育毛や医療の現場で使用されるレーザーはコールドレーザーとも言われ、出力を極力にまで下げ人体や皮膚等に害をなさないようされています。

また火傷などの危険性もありません。

低レーザーを照射し患部を暖める事により、血行促進、血管拡張、血流改善といった血行の改善がされます。

さらに患部の痛みを和らげ、細胞分裂を活性化させ活力を促し、元気を維持する事が出来るという声もあります。

レーザーと言う言葉の先入観によって危険を感じ易いですが、育毛の側面から見るとレーザー育毛はかなり注目されている訳です。

またマウスなどの実験から実際に発毛症状が見られ、円形脱毛症に悩む人達の治療として現場では実際に使用されています。


スポンサーリンク

これまではレーザー育毛は病院やクリニックでしか行えませんでしたが、現在は自宅で手軽に低出力レーザーを照射できる機器が開発され市販されています。

値段も病院に通う事を考慮すれば安上がりで、一度購入すれば何度でも使用できるメリットが魅力です。

但し、髪が生える保障や一人で悩む不安はついて回りますので、専門家のアドバイスを受ける事をお勧めしておきます。

それと、AGAであるかそれともそれ以外の原因での脱毛なのかは、育毛にとって重要な点なのでその点も把握しておく事が大切です。

レーザー育毛が日本に広まって4年程の期間が経過しました。利用者も男性女性共に20~30代を中心に幅広く広がり、高い効果を感じているようです。

例えば、25歳の頃から薄毛が気になり始め様々な方法を試した方が最後の望みとしてレーザー育毛を行い、たった2週間でその成果を実感したという事例もあります。

他にも32歳の男性の場合、1ヵ月の間効果はあまり見られなかったそうですが、

2か月程経過した時、どう少なく見積もっても増毛している現実に、目を疑ったという事例もあるくらいです。

人によって効果やその時期についてはそれぞれですが、ストレスや皮脂や乾燥が原因の脱毛、そして怪我などで抜けてしまった部分に対して、

レーザー育毛は高い効果を発揮していますので、「薄くなってきたな」と少しでも感じたのなら一度、検討してみて下さい。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします