ヘアサイクルを理解し薄毛の原因を把握すれば、育毛に結びつく | Quality Of Life

ヘアサイクルを理解し薄毛の原因を把握すれば、育毛に結びつく

スポンサーリンク

薄毛とは何らかの原因で髪が抜けてしまい、頭髪が薄くなる事を言います。生活習慣や食生活、ストレスや老化など原因は人によって様々です。

欧米での薄毛人口は40歳を超えると40~50%以上と言われています。

日本人は白人男性より薄毛にならないとされていますが、それでも推定では1200万以上の男性が薄毛を感じており、これは男性割合の20%以上と決して少なくない割合となっています。

男性の5人に1人は薄毛を気にしていると言う事です。つまり本当に多くの男性がより良い育毛を求めている訳です。

薄毛になる理由は様々ですが単純な話し、抜ける毛より生えてくる髪を増やすか、抜けなくするかの2つしか対策はありません。

発毛するか育毛するかと言うだけです。この内、育毛について今回は話していきます。髪の毛は一定のサイクルで成長します。

成長期は新しい髪が成長する期間で、退行期は成長が弱まる期間となり、このあとに休止期間となり完全に成長が止まり、自然脱毛として髪が抜けます。

この一連のサイクルは通常3年~6年で繰り返されます。

薄毛や抜け毛で悩む多く方は、このヘアサイクルが何らかの原因で乱れたり短縮されたりし、髪の毛が完全に成長する前に抜け落ちる状態です。

このサイクルの乱れを整える事が育毛への解決策となります。

サイクルの改善に最も効果的な方法は、生活習慣の改善と食生活の改善に加え、専門家に相談すると言う3本柱です。


スポンサーリンク

この手の悩みは「仕事で不規則なのはしょうがない」「人に相談するのはちょっと恥ずかしい」などと、

改善への行動をついつい先送りにしてしまい易いですですが、気付いた瞬間こそが行動する最適なタイミングです。

生活習慣の改善は、睡眠やライフサイクルを整え体のバランスを調整する事が目的です。

これによりホルモンバランスが安定し毛母細胞の活性化や血行が良くなり成長の促進となります。

食生活の改善は、何よりも偏食を止めバランスの良い食事を心がける事です。朝昼夜の3食を毎日決まった時間に食べ、統一性を出します。

これは生活習慣にも付随する事ですが、ヘアサイクルにとって安定と言うキーワードは不可欠な要素です。

さらに食事の良い要素は髪の毛に良い、ミネラルや亜鉛、たんぱく質やビタミンを摂取する事が育毛への第一歩です。

専門家に相談する事が実は一番の近道です。独自の方法で結果が生まれる事もありますが、多くの場合悲惨な結果を生んできました。

「このシャンプーを使っていたら髪の毛が薄くなった気がする」「前の育毛剤の方が、効果があったかも・・・」など、もし近くに相談できる人がいればこんな悩みも軽減されます。

育毛についての3本柱全てにアプローチする事で、効果的な結果が短時間で期待できます。

ポイントは個別に行うのではなく、全てを同時に行う事です。そうすればシナジー効果であなたの髪の毛もより改善する筈です。ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします