育毛治療には、薬剤や頭皮手術あり やっぱり基本は生活習慣の改善 | Quality Of Life

育毛治療には、薬剤や頭皮手術あり やっぱり基本は生活習慣の改善

スポンサーリンク

毛髪の薄毛やハゲの原因は、生活習慣やストレスなど色々なことが原因になるもので、人によって様々です。

ですから、治療や対策というものも多種多様で、その効果も個人差があります。治療には、頭皮にメスを入れない方法として薬剤によるものがあります。

育毛はホルモンが非常に深く関係していますが、この体内ホルモンや生理活性物質に作用する薬剤を投与します。

その効果は脱毛の原因や個人によって差がありますが、おおよそ3~6ヶ月で改善の兆候が見られます。

ただし、薬剤を使うには、医師に相談して正しい処方を受けなければいけません。

治療薬には色々ありますが、服用してすぐに効果が出て終わりというのではなく、対症療法的に飲み続けるものになります。

ミノキシジルは、頭頂部の脱毛に効果があり日本では一部の育毛剤に含まれています。

抗男性ホルモン薬は、男性ホルモンの作用を阻害する効き目があります。

抗男性ホルモン薬には、デュタステリド、フルコナゾール、フィナステリド、ケトコナゾール、ノコギリヤシ、スピロノラクトンというようなものがあります。

また、やはり治療ということでは、生活習慣の改善が基本になるのではないでしょうか。

バランスの良い食事と適度な運動、ストレス発散といったありきたりなことがとても大事なことになります。

これといって効果覿面の方法があるわけではありませんが、血中インスリンを減らすことは育毛に効果があるようです。

生活習慣に注意して血中インスリンを低くし続けることが効果的だと考えられます。その他には、植毛や、脱毛部分の切除などがあります。

最後に治療費についてですが、原則として育毛は健康保険は適用されませんから高額となります。

例えば、一般病院(皮膚科など)、脱毛症外来での診察料、経過診断、生活改善指導、薬剤では、年間20万円から40万円ほどです。

その他、育毛サロンでも年間40万円から170万円などが目安でしょうか。あくまで参考目安です。

スポンサーリンク

育毛(脱毛や薄毛)に悩むなら、病院で医師に相談して下さい

育毛とは、今ある髪の毛を強くする事に重点を置きます。

抜け毛や薄毛などの外的要因をトータル的に除去し、栄養補給や血行促進などにより髪の成長機能や保全機能を高めていく事を行います。

方法は様々ありますが、適した方法を選ぶのは至難の業と言えます。脱毛や薄毛の原因は千差万別で、間違った手段を取ると逆に事態を悪化させる恐れがあります。

例えば、過度に皮脂を取り除く為に使った刺激の強いシャンプーが、大切な毛根を痛め髪の毛に多大なダメージを与えてしまう事もあるくらいです。

育毛剤やシャンプーなどは特に選別が難しい物の1つです。

本来こういった事を一人で抱え事態を悪くする事が無いように、全国には相談する窓口が多々あります。

しかし「恥ずかしい」と言った感情的な部分で、抵抗を持つ人が少なくありません。

そこで最も安心とプライバシーの保全を護る為に、育毛問題では専門医師のいる病院を選択する人が増えてきています。

さらに専門的な知識を取り扱う上で頼りになるのも、医師です。

どんな病院に行けば診断、処方が受けられるかですが、基本的には皮膚科での診断が一般的で、病院ならどこでも良いと言う訳ではありません。

皮膚科以外でも、薄毛の治療を専門的に行っている医療機関もありますので、その点を必ず考慮して検討して下さい。

診察の流れは単純です。カウンセリングを受け、診察をして貰い、診断・処方、場合よっては定期な診察という流れです。

専門の病院は全国にありますので、悩みを抱え込まず、専門家に1度ご相談下さい。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします