女性と男性の髪の質の差を知れば、女性特有の育毛方法が分かる | Quality Of Life

女性と男性の髪の質の差を知れば、女性特有の育毛方法が分かる

スポンサーリンク

女性の髪の毛の悩みは細くなる事にあります。

男性の場合は前頭部や頭頂部などから部分的に抜ける事を気にしますが、女性の場合は髪の毛が細くなる事で全体的に薄くなる傾向にあります。

また、女性の脱毛は精神的ストレスの要因がかなり大きなウエイトを占めていますので、男性の育毛とは若干アプローチが違います。

男性ホルモンは、毛母細胞内の『5α-還元酵素』と結びつく事でDHTというホルモンに変換されます。

これは脱毛ホルモンと呼ばれ、毛母細胞でのたんぱく質の生成を抑え、髪の毛の成長を阻害します。

つまり男性は女性よりも、薄毛や脱毛の因子を持っている事を意味します。

本来女性は男性ホルモンが少ない為、男性よりも正しい育毛をする事で脱毛を防ぐ事ができます。

女性の髪の毛は細くなる事が特徴で、ある程度の長さでも抜ける事があまりありません。

女性の髪の毛は抜けるのではなく細くなるのが特徴ですから、現存の髪を強くする育毛という発想が極めて重要になります。

薄毛に悩む女性は全体の10%と言われていますが、これはあくまでも分かっているだけでという数字です。

自分一人で抱え込んでいる数も含めれば、15%以上と潜在的にはもっとこの数字は大きくなります。

これは髪に悩みを持たないと思われがちな女性にとって、かなり大きな割合だと言えます。女性の育毛は大きく分けて3つのアプローチがあります。


スポンサーリンク

1つはホルモンバランスの調整です。

これは生活習慣や食生活の改善を行う事で調整します。

先ほども述べたように、脱毛ホルモンが少ない女性にとってホルモンバランスの調整を行う事で、男性よりも早い育毛効果を実感する事ができます。

2つ目は精神的な要因を緩和する事です。

女性は仕事や日々の生活のストレスに加え、女性特有の妊娠・出産なども影響し、男性よりも精神的負荷が掛りやすい特徴を持っています。

その為、正しいケアやサプリメントによる栄養補給だけではなく、メンタルケアの重要性がウエイトを占めます。

3つ目は老化を正しく認識し育毛に取り組む事です。

女性の髪の毛は20代から薄くなり始め、70歳前後の方と比べるとその太さの差は25%以上になると言われています。

ただ、女性の育毛に年齢はあまり関係ありません。

男性のようにヘアサイクルが崩壊する訳ではなく細くなるだけなので、正しいケアで髪を強くする事は可能です。諦めず取り組んで下さい。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします