プロペシアとは | Quality Of Life

プロペシアとは

スポンサーリンク

「最近、抜け毛がすごく気になってきたんです…」とか、「妻や友人に最近、髪の毛が薄くなってきたと言われました」といったように、抜け毛や薄毛の悩みを持つ男性の方は非常に多いようです。

そこで頭皮マッサージを行ってみたり、市販されている育毛剤を頭皮に塗ってみたりと様々な方法を試しているという方もたくさんいらっしゃることでしょう。

数ある育毛剤の中には、服用することで育毛効果を発揮するものがあります。

それがプロペシアであり、錠剤タイプの薬品でAGAという、いわゆる男性型脱毛症の治療に利用されています。

2005年に厚生労働省で認可された発売されるようになったプロペシアは、今では世界で60ヵ国以上で使用されている飲む育毛剤なのです。

そもそもプロペシアは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品で、一般的にはフィナステリドと呼ばれていました。

しかし、この薬を利用した人の多くで、異常に発毛するという副作用が現れたのです。

この副作用について研究していった結果、プロペシアには男性ホルモンであるテストステロンを、

ジヒドロテストステロンに変換することによる脱毛を防いでくれる成分が含まれていることが分かったのです。

このことからプロペシアは育毛剤としての効果があることが認められるようになり、今ではAGA治療に用いられるようになりました。

そして使用した人の約8割が発毛効果を実感しているのです。

ただし、プロペシアを購入するには医師に診断してもらった上での処方が必要であり、女性には効果がないものとされているので注意が必要です。

また、保険の対象外となっていることも理解しておきましょう。

スポンサーリンク

プロペシアに期待できる効果

 

平均的に30代を迎えると発症するケースが多いのがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。

その原因は、遺伝的な要素だったり、ストレスや不規則な食生活などの日常生活の乱れによるものだったりと人それぞれなのですが、

体内のレベルで言えば男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロン(DHT)も原因の一つといえます。

DHTが増加すればするほど、5αーリダクターゼという酵素を生み出してしまい、これが脱毛の原因となるのです。

そこで、DHTの発生を出来るだけ抑制することが脱毛を予防することに繋がります。

また脱毛してしまった状態から、育毛の状態へとスイッチを切り替えることが出来るのです。

そんな効果がある薬こそ、AGAの治療薬としても使用されているプロペシアなのです。

そもそもプロペシアは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として利用されていたのですが、その副作用に異常な発毛が見られたことから、発毛剤としての活路を見出されたのです。

それによって、AGAに大きな効果を発揮することも分かってきたことで、今では「飲む育毛剤」として使用されています。

これはストレスなどによる脱毛だけでなく、遺伝性の脱毛にも十分に効果を発揮します。遺伝性の脱毛は仕方がないと諦めていませんか?

実はプロペシアは遺伝性であっても、AGAの原因であるDHTを抑える、つまりは5αーリダクターゼの分泌を抑える効果があり、

その分、脱毛を防止でき、育毛へとつなげていくのです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします