プロペシアの副作用について | Quality Of Life

プロペシアの副作用について

スポンサーリンク

「飲む育毛剤」として近年、注目されているのがプロペシアです。

かつて、このプロペシアは育毛目的で開発されたものではなく前立腺肥大や前立腺がんなどの治療薬として使用されていました。

しかし、その浮く作用として異常な発毛が見られたことから、今では育毛剤として使用されているのです。

プロペシアにはフィナステリドと呼ばれる、近年ではAGAという名称で良く耳にするようになった男性型脱毛症を改善する成分が含まれています。

しかし、このプロペシアを服用する場合、副作用の危険があることも頭に入れておく必要があります。

その副作用の発症率は5%弱とけして高くはなく、軽症のものばかりではありますが、ときとして重篤な副作用を及ぼすことも知っておくことが大切なのです。

プロペシアの副作用として、例えば頭痛や下痢、腹痛などの軽度のものが挙げられます。

その他にも、性欲の減退や勃起不全などの症状が現れる場合がありますが、これらの副作用もいずれも軽度のもので、あくまでも薬を服用している期間に限定されます。

しかし、肝機能が低下している場合はプロペシアの服用の際は注意が必要です。肝機能が低下している場合、肝機能障害が起こる可能性があるとされています。

この場合は、重篤な副作用を招く恐れがあるために注意が必要です。

また、一般的にプロペシアは男性専用の飲む育毛剤であり、女性、特に妊娠中の女性は服用が禁止されています。

プロペシアは服用することで効果があると思われがちですが、その錠剤を触ることで成分が肌から浸透する性質もあるため、プロペシアそのものを触ることすら禁止されているのです。

このように、プロペシアは副作用を引き起こす危険性もあり、また服用や接触が禁止される場合もあることを理解しておく必要があります。

誰でも手軽に服用し、育毛を促進できるという医薬品ではないことを理解するとともに、近年は個人輸入でも購入することが出来ますが、

その際も細心の注意を払い、出来る限り、医師の処方を受けることが望ましいとされているのです。

スポンサーリンク

プロペシアの価格は?

 

様々な育毛剤を試してみたけど効果が感じられないという方でも、今、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として注目されているプロペシアで効果が得られたと言う声をよく耳にします。

では、実際にプロペシアの価格は一体どのくらいなのでしょうか。

一般的にAGAの治療は保険の適用外とされているため、すべてが自己負担となっています。

例えば、皮膚科などを受診してプロペシアを処方してもらう場合は、診察料とプロペシアの代金が必要となります。

1か月分のプロペシア意を処方してもらった場合、診察料を含めて、だいたい1万円程度がおよその目安となるでしょう。

一方で医師の診察を受けるのが恥ずかしいなどの理由で、実際に医療機関に足を運ばず、個人輸入でプロペシアを入手すると言う場合もあります。

この場合だと、診察料が不要になるため、その分、1ヶ月に必要な金額が安くなると言えるのです。

目安としては7000円から10000円といったところでしょう。

このように、医師の処方を受けても、個人輸入であっても、1ヶ月に1万円前後のお金が必要となると、けして安価ではないことが分かります。

少しでも安価で済ませたいと言う場合はジェネリック医薬品を利用してみるといいでしょう。

ジェネリック医薬品とは、成分は変わらないものの後発医療品であるために、プロペシアよりも安く購入できるのです。

そのため、1錠当たり150円弱であるため、1ヶ月にしても5000円弱の費用で済む上に、効果はプロペシアと大きく変わらないのです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします