プロペシアは病院で処方される? | Quality Of Life

プロペシアは病院で処方される?

スポンサーリンク

抜け毛や薄毛でお悩みの方は多いと思います。

様々な育毛剤を試してみたけど、いまひとつ、効果を感じないと言う方の中には、病院を受診してみようかと考える方も多いことでしょう。

近年、育毛剤として注目されているのがプロペシアです。

これは、男性型脱毛症であるAGAの治療薬として、日本では2005年に認可された唯一の育毛剤です。

今では病院でもこのプロペシアをAGAを改善する薬として処方するところも増えてきています。

プロペシアは薄毛や抜け毛などの悩みを解消してくれる髪の毛専門の病院だけでなく、皮膚科でも処方されるようになって来ました。

医師の処方に従って、プロペシアを服用することで、最初の1ヶ月は脱毛が起こる可能性があるのですが、3ヶ月から半年程度ではっきりとした効果が現れるとされています。

この効果を実感する人は全体の8割程度もあり、かなりの効果が期待できる育毛剤なのです。

保険の適用はされませんが、1ヶ月でかかる費用は約7000円程度。近年はプロペシアへの注目度も高いために、病院でも処方されるところが増えています。

プロペシアの効果を実感したいという薄毛や抜け毛でお悩みの方は、インターネットなどで処方してくれる病院を検索して、実際に受診してみることをオススメします。

スポンサーリンク

プロペシアの耐性について

 

一般的に、どんな薬であっても、長く飲み続けていると、そのうちその薬の効果が得にくくなることがあります。

これはその薬に対しての体制が体内に形成されることが原因なのです。

「飲む育毛剤」として近年注目されているプロペシアは、皮膚科やヘアサロンなどで処方される、

男性型脱毛症(AGA)対策の医薬品として有名になっていますが、これも長期間にわたって飲み続けなければ、なかなか効果が現れないとされています。

しかし、長期間飲み続けることによって、体内にプロペシアに対する耐性ができてしまい、そのうち効果がなくなってしまうのではないか…

そんな懸念も出てくるのではないでしょうか。

実際に、プロペシアは服用を続けることで、発毛の寮が減り始めます。それは個人差はありますが、5年程度で発毛量が減るとされています。

しかし、これは体内にプロペシアに対する耐性ができたと言うこととイコールと言うわけではありません。

これは、プロペシアによる発毛効果が落ち着いてきたことで、自然に発毛を促せるような頭皮環境になったことを意味すると考えた方が、プロペシアの特性上、望ましいと言えるのです。

こういったことから、確かに5年程度の使用継続でプロペシアは効果が薄くなるとされていますが、これはけして耐性ができて、薬が効きづらくなったということではないのです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします