禁煙日記 5日目 | Quality Of Life

禁煙日記 5日目

スポンサーリンク

昨夜はウィスキーをやや飲み過ぎたのできしょうは8時でした。

いつもより遅いのですがフリーライターの特権で決まった時間に決まった場所に居なければならない訳ではありませんから、

ゆっくりコーヒーとトーストでの朝食で、レタスときゅうりのサラダも食べました。

あっさりしたものを食べるとそれほどタバコを吸いたい気になりません。頼まれている原稿をパソコンで整理入力していると気がついたら昼過ぎでした。

昼食は近くのコンビニで弁当を温めてもらいました。それから夜はカレーライスにしようとスーパーで牛肉、じゃがいも、人参、たまねぎ、カレールーの買物で、かれこれ午後三時。

少し頭が痛いような気がして眠くなりましたが、冷たい水とハッカの飴で仕事を続けて、夕方の6時半にカレー作りで夜8時にカレーライスを食べて、今夜は焼酎を飲みました。

ウィスキーよりアルコール度が弱いので、かなり飲みましたがテレビの番組が面白くてついぞタバコのことは考えない一日のようでしたから、

この調子が明日も続けば禁煙生活は乗り切れるのではないかと、いささか禁煙に自信がつきはじめました。

ところが、11時を過ぎる頃になると口が淋しくばり、タバコが吸いたい気分が強くなってしまい、今度はイライラしだしましたが、

水を飲む気にも飴を舐める気のもなれないし、そうかと言って焼酎ももう飲みたくないので、眠いからではなく禁煙のために早めに寝ることにします。

この日記を書いたらとりあえずベッドに横になり、眠気が来るまでじっとしていることにします。やっと禁煙5日目を乗り切りました。

スポンサーリンク

禁煙日記 6日目

昨夜は何時の間にか寝てしまいましたが、いつもより早めに寝たので今朝の目覚めは早く、6時半でした。

早く起きるとタバコのことを考えそうなので、起床は7時半。

何かしている時間が短い方がタバコに近づく時間も少なくてすみますから、早寝遅起きが禁煙には良いかもしれません。

つまり出来るだけ起きて何かしている時間が少なければそれだけタバコのことを考える時間も短くなります。

しかし、山奥で独りで生活している訳ではありませんからそうもいきません。

トーストで朝食を済ませて仕事をしているとお昼前に学友のN君から電話があり、Y君から聞いたがちゃんと禁煙しているかどうかを聞かれました。

何でも5日目くらいは誰でも禁煙できるらしいのですが、6日目から8日目あたりがかなりの難関なのだそうです。

そこで、今日は6日目なので私が朝の一服を吸っているのではないかとチェックを入れてきたのだとのことでした。

今日も吸っていないよと答えると、へえ、本当かい、と疑いの声なので、では明後日あたり、8日目にまた電話をしてくれと約束しました。

どうもあの学友連中は私の禁煙日数をタネに次の飲み会の会費を賭けているようです。

そしてN君はどうも1週間で私が禁煙生活をギブアップすると思っているようでしたから、意地になっても1年間は禁煙を続けようと決心して、気合を入れなおしました。

何事にも好不調の波がありますが、禁煙にも似たような波がありそうです。

それも1日の中での波ですから毎日なるべくタバコのことを考えないように気をまぎらわすことが大切なようです。

今日は近くのスポーツジムで午後は汗を流し、サウナに入りでリフレッシュしましたが、汗でニコチンが体から抜けていくような気がしました。

これから寝ますがそれほどタバコを吸いたい気にならなかった禁煙6日目でした。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします