アルバイト収入がありますが、FXでの所得に税金はかかりますか? | Quality Of Life

アルバイト収入がありますが、FXでの所得に税金はかかりますか?

スポンサーリンク

最近では主婦の方がアルバイトをしながら、FXでひと稼ぎしようと思っている方は少なくないようです。

今の時代、女性であってもバリバリ働くものです。夫を支え、家計を支え、まさに縁の下の力持ちですね。ただ気になるのは税金です。

あまり稼ぎすぎると税金を支払わなければならなくなったり、夫の扶養から抜けなければならなくなります。

扶養から抜けると自分で国民健康保険に加入しなければならなくなりますし、いろいろと面倒が生じます。

ですから、自分のアルバイト収入とFXの税金に関してしっかりと勉強しておきましょう。

まず頭に入れておきたいのは、パート・アルバイトで稼いだ収入は給与収入と言いますが、給与収入は給与所得控除65万円と基礎控除38万円が控除されます。

つまりそれら控除額の合計103万円を超える給与所得があると、申告&納税の義務が生じるわけです。

まずこの103万円ルールをしっかり覚えておいて下さい。

そしてこの給与所得に加えてFX取引による所得を考えなければなりません。

簡単に言うと、FX所得が年間合計20万円以内ならば、確定申告&納税の必要はありません。

ですからアルバイトで頑張って100万円稼いで、FXでの所得が15万円だったとしたらどうでしょうか、そう、税金はかかりません。

もうひとつ例を挙げてみましょう。FX取引でだんだん稼げるようになってきました。そして今年は年間で40万円利益を得ることができました。

しかし、FXでの利益を見越して、アルバイト収入は60万円に抑えておきました。この場合、申告&納税は必要でしょうか?

必要ありません。年間の課税所得は100万円で、103万円以下の所得ですからね。

アルバイトの収入とFX収入の関係がだいたいおわかりいただけたと思います。

ポイントは「給与所得103万円以下」と「FX年間所得20万円以下」です。

これを頭に入れておけば、自分のFXトレードを十分考慮したアルバイトが出来ますよね。

スポンサーリンク

バーチャルから本当の取引へ-FXの第一歩を歩むために-

どういう方法でFXを始めよう?始めたいけど不安で仕方がない等々、誰でも最初はその一歩が踏み出しにくいものです。

サイトや書籍で情報を読んでもいまいちピンと来ない、なんて方もいるでしょう。

FXを始める上で得も無ければ損も無く、実際に練習することができれば多くの問題は解決されるかもしれません。

それが、仮想的にFXを行うことができる、バーチャルFXです。

バーチャルFXは、その名の通り仮想的に取引を行うため、失敗しても何も失うものがありません。

利益を得ることはできませんが、初心者の方がFXの経験を得ることが可能です。

さらに、バーチャルとは言え実際の為替情報を使用して練習することができるため、本番でも無駄になることはありません。

さらにバーチャルFXの位置づけとして、他人と競い合うマネーゲームであるということがあげられます。

一番稼ぐのは誰かということを多人数で勝負するのです。そのため、このバーチャルFXを利用した大会も多く催されています。

成績の良い方には賞金や商品もあるため、バーチャルFXをやって損はしないでしょう。

先述のように、バーチャルFXには多くの利点があります。

初心者の方は特に、為替の読み方、チャートの見方、自身のレバレッジの掛ける割合など全てにおいて練習することができ、

たとえ面白半分で無茶な取引をしたとしても全く痛い目を見ずに済むことは、FXを本格的に始めるに当たって、助けになることは間違いありません。

バーチャルFXを利用し少しでも経験を積んで本番に望み、FX投資家としてさらなる飛躍を、目指していきましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします