FXトレードのデイトレ手法 | Quality Of Life

FXトレードのデイトレ手法

スポンサーリンク

デイトレ手法には、様々なものがありますが、どの手法を実行するにしても必要なのは、自分が自信をもってトレードできるようにその手法を検証することです。

エクセルであれば、使える人も多いはずですから、エクセルを活用して、手法を検証するのもいいでしょう。

エクセルで自動売買を行わせようとするなら難しいかもしれませんが、どれくらいの勝率で、

どれくらいの利益率があり、連敗率や最大ドローダウンを調べるくらいならそう難しいことではないはずです。

実際にテストしてみると、さほど大きな利益を狙わなければ有効な手法は数多く存在することがわかるはずです。

勝てる方法はたくさんあるのに、どうしてFXは勝てる人が少ないのか、これは、勝てる手法を、実行し続けられないためです。

資金管理が下手な場合もあれば、メンタルコントロールができずにルールに従うことができなくなったりするのです。

これは誰にでも起こりうることです。ですから、自分で検証することをすすめているのです。

他人にただで教えられた手法や、本で読んだ方法で、勝てない場合には、それはその人のせいにすればよいわけですから、自分の責任を考える必要はありません。

そんな言い訳可能な手法に大事なお金をかけるなんて、甘いと言わざるを得ません。

ですが、検証を行い、確信をもって相場に望む場合には、人のせいにするわけにはいきません。相場に挑む場合は、どんなに小額であっても、真剣勝負です。

とはいえ、実際に検証が難しい場合ももちろんあるでしょうから、簡単にバックテストする方法を紹介しましょう。

それはマネーパートナズに口座開設することで実行できます。マネーパートナズでは、テクニカル指標の過去のパフォーマンスを、バックテストすることが可能です。

テストできるテクニカルの数は限られていますが、複数のテクニカルを組み合わせての検証なども簡単に行うことができますから、検証する環境が得られない場合には使ってみて下さい。

ちなみに、もちろんただで使えます。

スポンサーリンク

一目均衡表をデイトレに使う場合のおすすめ設定

 

一目均衡表は、和製の代表的なテクニカル分析の方法であり、海外でも割と人気のあるテクニカルのひとつなのですが、すでに見た目がかなり複雑です。

もちろん使い方もかなり複雑で、これを使いこなせる人というのはめったにいません。

かくゆう私も使いこなすまでにはいたらず、なんちゃってレベルの使い方しかできてはいません。

とはいえ、使い方次第で、深い理解まではいたらなくとも十分に活用できますから、ひとつ使い方を紹介します。

一目均衡表を使う人にもっとも重要視されているのは雲です。単純に見れば、雲の上は上昇トレンドであり、下降トレンドは雲の下に形成されることになります。

中には、雲のみを表示し、基準線と転換線を非表示にしている人もいます。

雲のみを用いる場合は、雲の中にレートがある場合には、相場が迷っている最中なのだと判断します。そして厚い雲を抜けたときほど、大きなトレンドとなります。

ですが、雲の上か下かは、信頼性の高いものですが、若干サインが遅くなります。それで、平均足と組み合わせて使います。

使用する時間足は、分足です。5分足でも十分機能すると思いますが、1分足などではきついかもしれません。

通貨ペアは、スプレッドが狭くてトレンドの出やすい通貨ペアがよいでしょう。

一目均衡表のパラメータの設定は、1、8、16ぐらいでしょうか。それほどこだわる必要もありませんが、最初は1が基本です。

それでは方法です。もちろん平均足もトレンド系ですから遅くなりがちです。ですが、雲の転換よりは早いわけですから、エントリーには平均足を使います。

基本的には雲に大して逆張りで、平均足に従って順張りし、一目均衡表を超えたら、ホールドし続けるというものです。

コツは、雲を転換が発生しない場合にはすぐに手放すことです。どの業者でも表示可能なはずですので、一度試しに表示させてみて下さいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします