FX会社比較のための予備知識 | Quality Of Life

FX会社比較のための予備知識

スポンサーリンク

FX業者は大きく分けて店頭取引と取引所取引の2つに分かれます。取引所取引は、くりっく365と大証FXに参加している業者で、それ以外は全て店頭取引になります。

FX業者を選ぶ場合に、最初に決めなければいけないのは、このどちらを選ぶかということになります。

取引所取引と店頭取引の大きな違いは、取引形態です。取引所取引は実際に注文が入ったら、取引所へ注文を取り次ぎます。

店頭取引は顧客と直接の取引を行う事が出来ます。店頭取引の場合、ほとんどのFX会社は手数料無料ですが、取引所取引は必ず手数料がかかります。

この二つは取引形態が異なるため、こういった差が生まれます。

店頭取引業者は、ほとんどの場合、マリーと呼ばれる顧客同士のポジションを相殺させて、相殺できないポジションと反対方向のポジションをカバー先に発注します。

この場合、相殺されたポジションのスプレッドは、全て業者の利益になりますので、業者は手数料を貰わなくても儲けを出すことが出来ます。

実際には注文されないというと、店頭取引業者に対して不信感を抱いてしまうかもしれませんが、それは間違いです。

法的には全く問題ありませんし、こうした方法で店頭取引業者が利益を上げてくれるため、顧客は手数料無料での取引が可能になるのです。

一方取引所取引は、単に取引所と顧客の注文を橋渡しするだけですのでこういった利益は生まれません。

提示されるレートやスワップも全ての業者が一律なのは、こうした理由があるのです。

ですから、取引所取引を行う業者は手数料を貰わなければ経営が成り立たなくなるため、どうしても、コストの面では高くついてしまいます。


スポンサーリンク

では、手数料がかからない店頭取引の方がいいのか、というとこれは一概には言えない問題です。

取引所取引に参加する業者は、資本金や順財産額、自己資本規制比率などが一定の条件をクリアしていないと、

そもそも参加できないため、業者の信頼性という面では、取引所取引の方が上な場合があります。

また、レートの透明性の問題もあります。

店頭取引の場合は、業者側が自分に都合のいいようにちょっとレートをずらしてしまうこともできるわけですが、取引所取引の場合は、そういったレート操作は出来ません。

取引所取引の方が、レートは透明性が高いということになります。

店頭取引は、コストの面では優れていますがスリップページなどが頻発した場合には、その業者を疑ってしまうかもしれません。

取引所取引では、コストが高いため、スキャルピングはより難しくなりますが、FX取引に対する信頼感は得られるでしょう。

店頭取引であれ、取引所取引であれ、どちらにもメリットとデメリットがあるということです。

自分が口座を開くFX会社がどちらであれ、最初から店頭取引でなければ、あるいは、取引所取引でなければ、といった、~でなければいけないとは思い込みは持たないで下さい。

どちらを選ぶにしても、最終的な目標は、そのFX会社が自分に合っているかどうかになります。

双方のメリットとデメリットを合わせて考えるほうが、自分の理想とする口座へたどり着く早道となることでしょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします